劇場版「無限列車編」公開記念で「SL 鬼滅の刃」11月運行 特急「かもめ」「ソニック」へのラッピングも JR九州がコラボ

©株式会社エキスプレス

SL人吉をけん引する8620形 2019年門司港駅グランドオープン時 写真:鉄道チャンネル編集部

JR九州は9月29日(火)~12月28日(月)にかけて、TVアニメ「鬼滅の刃」とのコラボキャンペーンを実施する。10月16日(金)の『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』公開を記念したもの。

「無限列車編」は2019年に放映されたアニメ版に続くエピソードで、原作マンガの7・8巻に収録されている。主人公・竈門炭治郎らは炎柱・煉獄杏寿郎とともに「無限列車」に乗り込み、鬼舞辻無惨の配下と対決する。

JR九州は「鬼滅の刃」キャラクターをラッピングした特急「かもめ」と特急「ソニック」を運行するほか、人気のD&S列車「SL 人吉」のナンバープレートを「無限」に変更し、特別仕様の「SL 鬼滅の刃」として熊本~博多間(片道)を力強く運行する。

鬼滅の刃ラッピング車両イメージ

885系かもめ ©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

885系特急電車(1編成、6両)をラッピング。2020年9月29日~12月下旬まで博多~長崎間を「かもめ」として運行する。博多・中津~大分・佐伯を「ソニック」として運行する場合もある。翌月の運行スケジュールは毎月25日に特設サイトで告知。

883系ソニック ©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

883系特急電車1編成7両のうち4・5号車をラッピング。運行期間は2020年10月12日(月)~2020年12月下旬。博多・中津~大分間を運行する。翌月の運行スケジュールは毎月25日に特設サイトで告知。

SL 鬼滅の刃

「SL 鬼滅の刃」にはSL人吉をけん引する8620形蒸気機関車を使用。ナンバープレートは「無限」だ。運行日は2020年11月1日(日)、3日(火・祝)、15日(日)、21日(土)、23日(月・祝)の計5日間。運行区間は熊本→博多の片道のみ。熊本を8:35に発車し、久留米・鳥栖で停車、13:04博多着。

きっぷはインターネット列車予約及び全国の主な駅で、運行日の1ヶ月前(10 時より)全国で一斉に発売する。全車指定席であり、乗車には乗車券と指定席券が必要。また車内ではオリジナルグッズの販売も行う。

劇場版のキービジュアルをメインにしたポスターを駅・車内吊りで展開。またJR九州アプリのGPSチェックイン機能を使用した「デジタルスタンプラリー」や、チェックイン駅で「鬼滅」キャラクターがARで出現するといった企画も実施する。期間・数量限定で「鬼滅の刃九州乗り放題きっぷ」と缶バッチ(15種)を通販サイト「九州の旅とお取り寄せ」で販売する。

鉄道チャンネル編集部