「ドラ恋」収録後にPerfumeあ~ちゃんがメンバーの意外な過去を明かす!

©株式会社ジェイプレス社

24日、都内で「ABEMA」オリジナル恋愛リアリティーショーの新シーズン『恋愛ドラマな恋がしたい~ Kiss On The Bed~』のスタジオ収録が行われ、収録後にスタジオMCを務める渡辺直美、 Perfumeあ~ちゃん、福徳秀介、小森隼、谷まりあが取材に応じ、見どころなどを語った。

今回のシーズンはドラ恋史上最も過激といわれ“全話ベッドシーン”という本格的な恋愛リアリティーショーとなっている。

新シーズンを見た感想を聞かれた渡辺は、「全話ベッドシーンって、結構話数が多いんで、どこまでベッド1個で表現するんだろうと……最終回ハチャメチャになってるんじゃないかと思ってたんです、だけど、(鈴木)おさむさんスゴイなって!ベッド一つ、男女でこんなにも物語の展開があるのかと……ドラマとしても見ごたえありますし、みんなの恋の行方も!今までのドラ恋とは違う感じになってますので沢山の方に見ていただきたと思いました」とコメント。

注目している出演者を聞かれた小森は、「女性の美波ちゃんが!個人的には注目と言う事で……理由としては、第一印象から決めていました」とねるとんパーティーを彷彿させるコメントで笑いを誘った。また、「共同生活ならではの、撮影が終わった、リアルな瞬間だったり、撮影が始まる前日の夜までのペアの関係性など、今までは追う事ができなかった部分もドキュメンタリーとして追加されている」と見どころについてもコメントした。

全話ベッドシーンに加え、共同生活の条件が加わり、これまで以上に恋が加速するのでは?の質問にあ~ちゃんは、「今まで、ドラ恋は最後にキスシーンをするというのが、俳優さん達の心を揺さぶる一つであった。そのキスシーンがベッドでとなって(前回)、さらに本気の迫真の演技だった。それが全話って事なんで、本気で挑まないと務められないシーンばっかりなので、やっぱりみんなの本気が見れるからこそ、本心とか素直に言える。距離が近くなって行けば行くほど本心ってむき出しになって行くんだなって……すごい勉強になりました」と熱い想いを語り、今回のシーズンの見どころをアピールした。

今までのシーズンと違ったところについて谷は、「一日一緒なんで、朝のメイクしてない姿とかそういうのを見せあうのも、今までのドラ恋ではなかったので、そこが全部見れるっていうのは近くなり易いのかなって……、ココはこのままなんじゃないか!?って思ってたところが、次に日には違う三角形とか、関係性も変わってる。朝ごはんをみんなで食べるとか、共有するシチュエーションが増えたので、(相手を)見やすくなってると思う。出てる子達はより一層感じやすくて、展開が早いのかな」と、さらにベッドシーンとなると「触れ合う部分が増えるし、気持ちが入りやすいのかな~て見てて思う」とコメントした。

ベッドシーンがあると言う事でベッドにまつわる話題になり、あ~ちゃんはperfume結成時を振り返り、「3人はもっと仲良くなった方が良いと言う事でウチに(2人が)泊まりに来た」と明かした。当時、“のっち”と“かしゆか”は2人とっも人見知りで、人と上手く話すことができず、夜になって1人ずつお風呂に入るときに、「アタシがお風呂入ると2人になるじゃないですか……だからアタシの携帯を渡して『暗唱番号解いてみて』って(笑)」、その時は二段ベッドで、下でゆかちゃんが暗証番号を解いていると、のっちが上から「解けたぁ~」と、かしゆかは「いや、解けない」と、「アタシがお風呂に入ってる間にした会話はそれだけ」と明かし、皆を驚かせていた。もちろん今は3人ホントに仲が良いとコメントしていた。

先日、結婚を発表した福徳に、同棲したい芸能人を聞いたところ、「あ~そうですね、やっぱ巨人師匠ですね!」と答えスタジオの笑いを誘った。理由として「漫才の稽古をつけて欲し」と明かし、小森から「向上心の塊ですね」とつっ込まれていた。

最後に今シーズンの注目どころを渡辺が「新たなドラ恋が始まっている気がします!美男美女の戯れ……すごく楽しいですし、全員メチャクチャ自分の意見を言う子達ですね!これが今までと違うかなって面白さもあるので、意外と40~50代の方も楽しめる恋愛リアリティーショーだと思う」と締めくくった。