万里の長城の保全・補修拠点を全国初開設 北京市

©新華社

万里の長城の保全・補修拠点を全国初開設 北京市

19日、北京市懐柔区の箭扣長城付近で行われた万里の長城の保全・補修拠点開設式。(北京=新華社配信)

 【新華社北京9月25日】中国北京市で19日、国家文物局の承認を受け、万里の長城の保全・補修拠点が全国で初めて開設された。今後は同市懐柔区にある箭扣(せんこう)長城の修復プロジェクトで培われた経験を基に保全活動を集約し、管理や保護を巡る国際交流の拠点となることを目指す。箭扣長城は万里の長城の最も険しい所の一つで、ハイカーには「野長城」として知られている。

 北京市は2000年以降、100件近くの長城保全プロジェクトを実施し、計4億7千万元(1元=約15円)を拠出している。