乳児揺さぶり、母親無罪 岐阜地裁

©株式会社岐阜新聞社

 当時生後3カ月の長男(4)を揺さぶって脳に重い後遺症を負わせたとして、傷害罪に問われた母親(27)に、岐阜地裁(出口博章裁判長)は25日、無罪判決を言い渡した。求刑は懲役5年だった。

 長男が脳などに負った傷害の原因が「乳幼児揺さぶられ症候群」(SBS)と断定できるかが争点だった。公判で母親は「揺さぶる暴行は加えていない」と無罪を主張。弁護側はソファからの落下がけがの原因だと訴えていた。

 母親は、2016年5月24日午前11時45分ごろから同日午後4時30分ごろまでの間に、大垣市内の自宅で長男を激しく揺さぶるなどしたとして17年に逮捕、起訴された。長男は一時心肺停止状態となり、重症心身障害を負った。