元・十八銀行員逮捕 電子計算機使用詐欺などの容疑 長崎県警

©株式会社長崎新聞社

 親族名義の口座に不正に現金を振り込ませ、だまし取ったなどとして、長崎署と県警捜査2課は24日、電子計算機使用詐欺と組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等隠匿)の疑いで西彼長与町、元十八銀行員(50)=懲戒解雇=を逮捕した。
 逮捕容疑は、同行の経理処理業務を担当していた2019年12月から20年2月までの間、3回にわたり、同行のオンラインシステムに虚偽の情報を入力し、自身が管理する親族名義の口座に振り込ませ、計194万4030円をだまし取った疑い。
 同行は今年3月、元十八銀行員(50)が15年9月から20年2月までの間、123回に分けて計約2821万円を着服したと発表。元十八銀行員(50)は生活費などに充てたと説明していたという。警察は直近に発生した被害で、記録が残るなど容疑が固まった3回分を立件。残りの被害についても調べている。
 同行は「元行員の逮捕を厳粛に受け止め、信頼回復に向けて全力で取り組む」とのコメントを発表した。