杉澤西海市長 出馬正式表明 来年4月の市長選

©株式会社長崎新聞社

 西海市長の杉澤泰彦氏(68)=1期目=は24日、任期満了に伴う同市長選(来年4月11日告示、18日投開票)に立候補すると正式に表明した。
 24日の定例市議会一般質問で、佐嘉田敏雄議員(創生会)に答えた。
 西彼杵道路の延伸計画や、肥前大島港への工業団地整備、洋上風力発電の有望地域選定などの大型事業をはじめ、地場産業育成、教育の充実、子育て支援など市長選で掲げた七つの政策課題が一定前進したと説明。「現在進行形の事業もあり、次の4年で成果を確認。新たな取り組みに挑戦したい」と述べた。
 杉澤氏は同市出身、早稲田大卒。旧西彼崎戸町議を経て、5町合併による西海市が発足した2005年から16年まで市議を務めた。17年の市長選で初当選した。同市長選で立候補を表明したのは杉澤氏が初めて。