川津明日香、「メンタルの強さは負けない」 新『仮面ライダー』ヒロインの素顔に迫る

©ブロードメディア株式会社

『仮面ライダーセイバー』ヒロイン、川津明日香にインタビュー クランクイン!トレンド

令和仮面ライダー第2作『仮面ライダーセイバー』(テレビ朝日系/毎週日曜 午前9時)で、ヒロインの座を勝ち取った川津明日香。ファッション誌「Seventeen」の専属モデルとして人気を博した川津は、今年の2月で20歳という節目を迎えます。今後は女優として邁進していきたいという川津に、初の大役に選ばれた時の心境や、今後目指す女優像について話を聞きました。(取材・文=山崎伸子/写真=松林満美)

■気合十分! 20歳のオーディション

――『仮面ライダーセイバー』のヒロイン・須藤芽依役は、川津さんにとって初めての大役となりました。オーディションでの手応えはあったのですか?

20歳を迎えてのオーディションということで、自分としてはすべてを懸けて挑みました。これまでも、スーパー戦隊や仮面ライダーのオーディションを何度も受けてきましたが、最終で落ちることも多くて…。今回は気持ちを切り替え、やる気を前面に出して挑んだら、受かりました。後からプロデューサーの方に聞いたら「今までとは違っていた」と言ってもらえたので、頑張ってよかったなと思いました。

――決まってから、周りの反応はいかがでしたか?

記者会見を開くまでは、家族にも言わないでほしいと言われていたので、内容は話さずに、ただ、この時間にテレビを観てほしいとだけ伝えていました。だから発表された時は、家族もびっくりしたみたいで、家族のグループLINEが、私のスクショだらけになっていました(笑)。

お父さんは、いつも会社の自分の部屋に、私が出た雑誌や作品のポスターを全部飾ってくれていて、『仮面ライダーセイバー』のポスターも欲しいと言ってくれたので、きっと貼ってくれるんだろうなと…。ここまで大きい役をいただいたことがなかったので、本当にうれしかったです!

――実際に現場に入ってみていかがですか?

今までは、ドラマに出演しても1話だけということが多かったのでスタッフさんと関わることも少なかったのですが、今回は監督との距離が近いので、自分から話しかけに行っています。もちろん、わからないことがあったらすべて聞いています!

■手放せないのは毛布とぬいぐるみ

――今後、女優業に力を入れていきたいそうですが、川津さんの女優としての強みはどんな点でしょうか?

運動神経はすごく悪いのですが、メンタルの強さは誰にも負けないし、そこらへんの男の子よりもきっと強いと思います(笑)。そこはクラシックバレエで鍛えられました。

――バレエはどのくらいやっていたのですか?

10年やりました。バレエの先生が本当に厳しくて鍛えられました。部活みたいに上下関係もちゃんとあったので、そこで精神面が強くなったんだと思います!

――20歳で、お酒も解禁になりましたね。

友達とお酒の場に行けるようになったし、作品の打ち上げにも遅くまで参加できるようになるのがうれしいです! でも、コロナ禍での自粛期間中、試しに毎日1、2杯飲んでいたのですが、すぐに酔うことが発覚しまして…(笑)。 『仮面ライダー』がクランクインしてからは、むくむのが怖くて全然飲んでないです。

――今後、仕事もどんどん忙しくなっていくと思いますが、日々、元気をくれるラッキーアイテムはなんですか?

メルヘンだなと思われそうで恥ずかしいんですが、生まれた時から使っている毛布と、子どもの頃に買ったぬいぐるみです(照笑)。それがあれば、とりあえずどんなこともやり過ごせます!

――ということは、毛布は20年近く大事に持っているということですか?

はい。ぐちゃぐちゃというか、洗ってはいるんですが汚い感じです(苦笑)。でも、絶対に捨てられません。ぬいぐるみも、毛布も地方ロケで泊まる時は、必ず持っていきます。

――2つとも持参するんですか?

いつもカバンに忍ばせていたんですが、この間マネージャーさんに見つかってしまいました……かなり恥ずかしかったです(笑)。ぬいぐるみは、おばあちゃんにもらったおこづかいで買ったもので、凄く気に入っていて、さすがに話しかけたりはしないのですが、触ると落ち着くので、いつもベッド脇に座らせています。

■歌える女優さんになりたい

――今後、どんな女優さんを目指したいですか?

私は歌を歌える女優さんが大好きです。先日、満島ひかりさんが、FNS歌謡祭で中島みゆきさんの「ファイト!」を歌っていたんですが、感動して泣きました。満島さんや、柴咲コウさんなど、歌える女優さんって素敵だなと思います。私は全然歌が上手くないので、ボイストレーニングにも通いたいなと思っています。

――今後、出演してみたい作品はありますか?

YouTubeで、よく福田雄一監督の作品のメイキング映像を観ているのですが、キャストの方がすごく楽しそうにされているのが印象的で、私もいつか福田監督の作品に出演してみたいです。でも、今はまず、『仮面ライダーセイバー』を1年間精一杯頑張りたいと思っています!

――ファンの方も“女優”川津明日香の活躍を楽しみにしていると思います。最後にファンの方へのメッセージをお願いします。

女優の仕事があまりなかった時、モデル時代からずっと応援してくれているファンの方から「もっと女優をやっている明日香ちゃんが観たいです」という声をもらっていて…。今回、ようやく自信を持ってお届けできる作品が決まったし、しかも1年間放送されるので、今後も私の成長過程を観ていただきたいです!