松田翔太「AR機能で、家に本棚を設置したい」5G発表会で新サービスへの期待感をあらわに

©株式会社フジテレビジョン

通信会社・KDDIが5Gの新サービスを発表する「UNLIMITED WORLD au 5G 発表会2020Autumn」が9月25日(金)に都内で開催され、トークゲストとして、「au三太郎」シリーズCMに出演している松田翔太、桐谷健太、池田エライザが登壇した。

「三太郎」シリーズで馴染みのあるキャラクター“桃ちゃん”“浦ちゃん”“親ちゃん”とは雰囲気をガラッと変え、全身黒の衣装に身を包んで登場した3人。

まず、松田、桐谷、そして濱田岳が出演し、本日より公開されている新CM「au 5Gその手に─時を超えた応援─」篇が上映され、感想を聞かれた池田は「普段の三太郎のほんわかした姿とは違って、皆さんシュッとしていて、すごく素敵でした」とコメント。

桐谷は「今後も、クール&スタイリッシュな姿をお見せできると思います」と期待感を覗かせた。

5Gの新機能の一つである「AR(拡張現実)ガイド『バーチャルエライザ』」を、桐谷が試してみることに。

ステージ上、足下の目印にスマホをかざすと、そこにはバーチャルの池田の姿が。「(この映像は)360度、たくさんのカメラに囲まれて撮影しました」と撮影エピソードを語った。

KDDIのコンセプトショップ「GINZA 456」で同じ内容が楽しめると聞いた桐谷が「エライザちゃんに会える!?」と、声を弾ませると、池田は「恐縮です」と、小さく一礼。

AR機能を使ってやってみたいことを聞かれた松田は、「外出自粛中に本をたくさん買っちゃって、本棚が欲しいなと思って。ARで、バーチャルの家具を家に設置できると聞いたので、それで一度おいてみようかなと。サイズ感もわかりやすいですしね」と回答し、ARの実用性をアピールした。

続けて、VR(仮想現実)機能を用いたバーチャルの街を体験することに。操作を任された池田は、「バーチャル渋谷」を夢中で駆け回り「楽しいですね、これ!」と興奮した様子を見せる。

体験を終えると、「自粛中は友達にも会えなかったので、こういうところで会って遊ぶのも楽しそうですね」と松田が感想を述べる。そして桐谷は、「映画の世界の中にも入れるような時代が来ちゃうのかな」と、俳優ならではとも言える妄想を膨らませていた。