EXIT、女性のあらゆる“怒り”にガチで向き合う! お悩み解決なるか!?

©株式会社東京ニュース通信社

お笑いコンビ・EXIT(りんたろー。、兼近大樹)が、コンビ名の由来である「すべての人のつらいこと、ストレスの出口(EXIT)になる」に基づき、怒れる相談者のエピソードを聞き、解決方法を導き出すトークバラエティー「EXI怒(ド) 12人の怒れるおこ女」が、テレビ朝日系で9月25日(午後11:15、一部地域を除く)で放送される。

大きな反響を巻き起こした昨年末の第1弾では、ギャルママや不登校経験者など、現役高校生の悩みをしっかりと聞いたEXIT。今回は12人の女性たちのさまざまな怒りの声を真正面から受け止め、解決へと導いていく。スタジオゲストには、女性のご意見番としてティーンのカリスマ・山之内すずも登場。怒りの声の数々に「実は私も…」と共感する一幕も。

現役アイドルであるHKT48・村重杏奈は「LINEを未読スルーする人が本当に許せない!」という怒りの声を上げる。すぐに返信をしないという山之内は「怒られている気分」とションボリ。一方、「俺もすぐ返してほしい派」というりんたろー。だが、共感したはずのコメントが村重の怒りをさらにヒートアップさせる結果に!? さらには、村重からある“暴露”をされてしまう始末。果たしてこの怒りの解決策とは?

続いて、週刊誌で世間をにぎわせたことがあるという“港区女子”が登場し、「ギャラ飲みで女性を食い物にする女」に対する怒りをぶちまける。“ギャラ飲み”とは男性が女性にお金を払い、飲み会に参加してもらうこと。ギャラ飲みはうまく使えばメリットがあると語る女性に、兼近が「すごく俺の中で引っかかるのが…」と鋭い角度から切り込んでいく。

ほかにも、美容整形に1000万円以上かけたキャバ嬢の怒り、SNS上での友達付き合いから起こる現代ならではの共感度の高い怒り、地下アイドルの世界で起こる独特すぎる怒りなど、多様な怒りや悩みにEXITがじっくり向き合っていく。そして今回は「もし訴えたら、裁判でお金は取れるのか?」を、弁護士たちが具体的な金額を提示して解説を行う。