宇治抹茶×栗! 季節感あふれる和スイーツ、京都「茶寮FUKUCHA」に登場

©ブロードメディア株式会社

「抹茶マロンパフェ」(1200円)、「ほうじ茶マロンパフェ」(1200円)

京都にある「茶寮FUKUCHA」は、10月1日(木)から、マロンパフェなど、栗やフルーツを使ったスイーツ「マロンと宇治茶」5品が販売する。

■宇治茶に合うスイーツ5品

「茶寮FUKUCHA」は、京都の老舗茶舗「福寿園」による茶寮。今回登場するのは、こだわりの宇治茶にぴったりの、季節感あふれる栗やフルーツを使ったスイーツだ。

「抹茶マロンパフェ」は、緑鮮やかな抹茶クリームに、栗をトッピング。中には白玉、わらび餅、抹茶蜜など和テイストのスイーツを忍ばせた、お茶の彩り豊かなパフェとなっている。

テイクアウトもできる「お茶薫モンブラン」には、和栗とフランス産栗をバランスよく組み合わせたモンブランクリームを使用。中には栗と抹茶テイストのクリームが入っており、抹茶のほのかな苦味と風味のアクセントが楽しい一品だ。

ほかにも、ほうじ茶クリームを絞った「ほうじ茶マロンパフェ」、粒あんとほうじ茶のチョコレートクリームを合わせた「栗ほうじ茶最中」、甘酒に抹茶の風味をプラスした「抹茶甘酒しるこ」などがラインナップされている。

【「マロンと宇治茶」概要】

販売期間:10月1日(木)~2021年1月5日(火)