【高校受験2021】東京都立高入試、コロナ対応など報告

©株式会社イード

東京都教育委員会

東京都教育委員会は2020年9月24日、2021年度(令和3年度)東京都立高等学校入学者選抜検討委員会報告書を公表した。2021年度入試では男女別定員制の緩和、他校同士の相互点検などを引き続き実施。新型コロナウイルス感染症の対応策について検討を続ける。

東京都教育委員会は、2020年5月に2021年度東京都立高等学校入学者選抜検討委員会を設置。2020年度(令和2年度)入学者選抜を検証する中で、これまでの入学者選抜方法の成果と課題を明らかにするとともに、2021年度入学者選抜以降の改善策などを検討し、報告書を取りまとめた。

報告書における検証・検討項目は「新型コロナウイルス感染症に係る対応」「推薦に基づく選抜の改善」「学力検査に基づく選抜の改善」「再発防止・改善策に基づく採点・点検の取組」「その他の制度」の5点。

「新型コロナウイルス感染症に係る対応」は、出願について郵送と窓口を基本とするが、将来的な方法としてWebによる出願の可能性を引き続き検討。推薦に基づく選抜は、集団討論を中止するほか、できる限り1日に短縮して実施する方法を検討する。学力検査に基づく選抜では、受検者の集合時刻の設定、各検査間の休憩時間の設定について検討。追検査を受検できない受検者の救済措置として、新たな追検査実施の可否についても検討する。

「推薦に基づく選抜」では、文化・スポーツ等特別推薦について、各校の個性化・特色化に大きく寄与し、学校の教育活動活性化に効果的であり、生徒の優れた能力や意欲などを評価する制度であることから、引き続き実施。文化・スポーツ等特別推薦で入学した生徒に対する追跡調査を行い、検査方法などが自校の求める生徒を選抜するための方法として適切か検証する必要があるとした。

「学力検査に基づく選抜」では、分割募集について受検の機会を複数回提供できるだけなく、異なる尺度で受検者のさまざまな力を評価することで、多様な生徒を入学させることができることから、制度として継続。2021年度入学者選抜に向けて懸念される課題を整理し、改善を図っていく。男女別定員制の緩和は、2020年度入学者選抜において男女間の合格最低点を是正する点で一定程度の効果があったため、2021年度入学者選抜でも引き続き実施。男女別定員制の緩和実施校について、引き続き検討していく。英語スピーキングテストの活用に向けた具体的な取組内容も検討する。

「再発防止・改善策に基づく採点・点検の取組」では、他校同士の相互点検について「合否の入れ替わりを防ぐとともに、採点・点検の適正な実施を客観的に確認するために有効」とし、引き続き実施。マークシート方式については「効率的な採点や採点誤りの防止という観点から、一定の成果が出ている」と評価。デジタル採点は、スピーディーに採点することが可能で、採点業務の効率化に寄与している一方、依然として採点誤り全体の中で漢字の採点に関する誤りが多いことから、さらに正確で確実な採点ができるよう対策を検討していく。

「その他の制度」の項目では、携帯電話などの取扱いについて「不要物は持ち込まない」という入学者選抜の基本的な考え方の観点から、これまで同様、「持ち込まないことが基本であること」を受検者に周知する。理数科の設置により、自校作成校である立川高校に普通科と理数科ができる状況を踏まえ、理数系分野に特化した能力だけでなく、幅広い教養や学びに対する意欲・姿勢などを総合的にみることができるような独自性をもった入学者選抜方法について、引き続き検討する必要があるとした。

東京都教育委員会では、今回の報告を踏まえ、2021年度東京都立高等学校入学者選抜実施要綱・同細目で詳細を設定。2021年度入学者選抜では、新型コロナウイルス感染症対策について、感染の状況に注視し、さまざまなケースを想定したうえで、対応策の検討を引き続き進めていくとしている。

報告書は、東京都や東京都教育委員会のWebサイトから公開しており、誰でも閲覧できる。

奥山直美