ORESAMA、10月のワンマン公演は2部構成で開催&ディスタンスビューイングも実施

©JAPAN MUSIC NETWORK, Inc.

『ORESAMA ONEMAN LIVE “Gimmme!”』

ORESAMAが10月18日に開催するワンマンライブの公演内容を発表した。

4月に開催予定だったワンマンライブが新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となった背景もあり、8月のスタジオライブ配信のMCで「どんな形であれ実施したい」という思いがメンバーから語られていた本公演。詳細は追っての発表となっていたが、Veats SHIBUYAにて1部・2部に分けてそれぞれ異なる内容でライブが開催される事がアナウンスされた。なお、少しでもライブの空気を感じてほしいという事で会場の規定収容人数に則した限定数の観客を迎えての開催となる。

また、有料生配信も予定されており、会場へ足を運ぶことが出来なくてもオンライン上でも視聴可能だ。ストリーミングチケットの詳細は9月30日に発表される。

さらに、翌日10月19日には同会場にて“ディスタンスビューイング"も実施。ディスタンスビューイングとは、ヤマハの手掛けるライブ再現システムReal Sound Viewingを活用した、高臨場感のライブビューイングだ。ヤマハの持つ技術により、本番と同じ音を完全に再現し、本番ライブさながらの臨場感で楽しめる新しいライブビューイングを提供する。音だけではなく、等身大映像をステージ上に映し出し、さらに照明等の空間演出もライブ時を再現することで、本物のライブさながらの迫力を追体験できる仕組みだ。コロナ禍で苦境にあるライブハウスでも営業を行える仕組みとして開発が進められており、今回が初の活用事例となる。多くの音楽ファンがライブを楽しめなくなっている状況のなか、その臨場感をテクノロジーで届けるという新たなエンタテインメントの試みにORESAMAがジョインする。本公演のディスタンスビューイングは、1部の模様を上映。

そして、新グッズの先行予約販売も開始された。今回のニューアイテムは、ORESAMAのアートワークを手掛けるイラストレーター・うとまる氏のカラフルな作品を使用したPVCマルチケース、クリアファイルセットや、シンプルなデザインでORESAMA Emblemを使用したエコバッグ、抗菌マスク、マグカップなど日常で使いやすいもの、定番の人気商品であるイラストTシャツなど豊富なラインナップ。受注生産の商品も受付開始となっているので、下記URLにて是非チェックを!

https://anarchic.booth.pm/item_lists/8plTe2y8

【開催概要】

『ORESAMA ONEMAN LIVE “Gimmme!"』
10月18日(日) Veats SHIBUYA
[1部] OPEN 16:00 /START 16:30
[2部] OPEN 19:00 /START 19:30
<チケット>
スタンディング:4,500円(税込・ドリンク代込)
※ストリーミングチケットの詳細は9月30日発表予定

『YAMAHA×ORESAMA×Veats Shibuya presents LIVE ON DISTANCE VIEWING “Gimmme!"』
10月19日(月) Veats SHIBUYA
OPEN 19:00 /START 19:30
※10月18日[1部]公演を上映
<チケット>
スタンディング:1,500円(税込・ドリンク代込)

◎チケット発売情報
9月25日(金)16:00より販売開始
スタンディング: https://eplus.jp/oresama20hp/
9月30日(水)18:00より販売開始
ストリーミング: https://eplus.jp/oresama1018st/