『神達に拾われた男』がシリーズ累計160万部を突破 2020年10月4日(日)よりアニメ放送も開始

©株式会社Days

HJノベルス刊『神達に拾われた男』がシリーズ累計160万部を突破した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、恵まれた人生ではなく病死という形で人生を終えた主人公が、三柱の神に協力を求められ、神々から手厚い加護を受けて異世界へと子供の姿に転生して始まるスローライフファンタジーシリーズ。原作小説は現在第9巻まで発売されている。2017年からは「マンガUP!」にてコミカライズの連載も行われており、2020年10月より待望のTVアニメ放送も開始となる。小説と漫画で人気を博すシリーズがアニメ化によって更なる注目を集めている。

【第9巻あらすじ】

拠点であるギムルの街を一時離れ、遠征先であるファットマ領の漁村に逗留中な異世界転生者の少年・竜馬。漁場を荒らすマッドサラマンダー討伐も順調な中、ファットマの領主であるポルコ伯爵と面会した竜馬は、さらに二つの特殊な依頼を受けることに! 進化したスライムたちの新たな能力も存分に利用しつつ、現代知識や今までの経験を活かして作業を進める竜馬は、無事にポルコからの依頼を達成することができるのか――!? 漁村編最高潮&転生前の竜馬に隠された驚きの事実も明らかになる、異世界スローライフファンタジー第九幕!

アニメ『神達に拾われた男』は2020年10月4日(日)より順次放送開始。原作小説もHJノベルスより第9巻まで発売中。


[関連サイト]

TVアニメ『神達に拾われた男』公式サイト

『神達に拾われた男』TVアニメ公式Twitter

『神達に拾われた男』原作特設ページ

HJノベルス公式サイト

©Roy/ホビージャパン イラスト:りりんら