札幌のグループホームで新たなクラスター

©HTB北海道テレビ放送株式会社

札幌のグループホームで新たなクラスターが発生し、道内では25日、新たに25人の感染が確認されました。

札幌市保健所 山口亮感染症担当部長「感染者21人が札幌市で確認されましたのでお知らせいたします」

25日道内では、札幌市の21人のほか、北広島市の60代男性、石狩管内の60代女性、胆振管内と空知管内でそれぞれ1人のあわせて25人の感染が判明しました。

札幌市中央区の「ツクイ札幌山鼻グループホーム」で、入居者7人と従業員3人の合わせて10人の感染が判明し、新たなクラスターと認定されました。

現在、他の入居者や従業員の家族などの検査も進めています。