バーチャルアナウンサー「東 桜」が朝一番のニュースを読む!

©株式会社radiko

東海ラジオでは、9月28日(月)から、朝のワイド番組『安蒜豊三きょうもよろしく』(月~金5:00~7:00)の中でバーチャルアナウンサーがニュースを読む。文書を自動で読み上げる音声合成サービスの導入で実現するもので、東海ラジオの所在地、名古屋市東区東桜に因んで「東 桜(ひがし さくら)」と命名された。

バーチャルアナウンサー「東 桜」は、共同通信社の「放送原稿読み上げシステム」を使い、ショートニュース(=ニュースの内容を20秒程度にまとめたもの)の中から、音声合成サービスによってニュースを読む。配信されるショートニュースを自動変換して、ダウンロード、再生、放送するというものだ。

『安蒜豊三きょうもよろしく』のオープニングトークの中で「東 桜」がニュースを読むのは、午前5時4分頃から3分ほどの予定。“初鳴き”(アナウンサーが初めて放送でしゃべること=デビュー)は9月28日(月)。噛まないことは間違いないが、どんな読みを聴かせてくれるか乞う、ご期待!

安蒜豊三きょうもよろしく

放送局:東海ラジオ

放送日時:毎週月曜~金曜 5時00分~7時00分

この番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。