「キングダム ハーツ メロディ オブ メモリー」無料体験版の配信も決定!実機プレイ映像もお披露目となった「TGS2020 SPECIAL SHOW」をレポート【TGS2020】

©株式会社イクセル

スクウェア・エニックスは、2020年11月11日に発売予定のPS4/Nintendo Switch/Xbox One用ソフト「キングダム ハーツ メロディ オブ メモリー」を紹介する「『KINGDOM HEARTS Melody of Memory』TGS2020 SPECIAL SHOW」を、本日9月25日に配信した。

2020年11月11日に発売が決定した「キングダム ハーツ メロディ オブ メモリー」について、シリーズ初のリズムアクションゲームとなる本作の魅力や制作秘話などが紹介された。番組ではエレキコミックの今立進さんがMCを担当、プロデューサーの間一朗氏に加え野村哲也氏も天の声として出演をした。

まずは本作のゲーム概要が改めて紹介された。本作は、今回初めてリズムゲームを遊ぶ人でも楽しめるように色々な難易度や、様々なゲームモードが登場するのが特徴だ。プレイスタイルは3種類から選択することが可能で、ワンボタンスタイルでは、ひとつのボタンでゲームがプレイできるのでリズムゲームが苦手な人でも気軽にプレイすることができる。一方でパフォーマースタイルでは、特別なターゲットが登場し通常のプレイより多くボタンを使用する必要がある。中間のノーマルスタイルは、最も基本的なプレイスタイルとなり、これまでの「キングダム ハーツ」シリーズと同じ操作でゲームが楽しめる。

本作には、140もの楽曲を収録。それらを3種類のステージバリエーションで遊ぶことが可能だ。五線譜のレーンの上を走りながらリズムに合わせてエネミーを倒す「FIELD BATTLE」、思い出の映像にダイブしながらプレイできる「MEMORY DIVE」、ターゲットを入力してボスの撃破を目指す「BOSS BATTLE」が登場する。

これらは、実際の「キングダム ハーツ」の制作スタッフも携わってエフェクトやアニメーションが監修されているそうで、一部では実際に一緒に開発も行っているそうだ。スクウェア・エニックスのこれまでのリズムゲームと比較しても、労力や作り込みは集大成という出来栄えになっているという。

本作はひとりでもみんなでも多彩なモードで遊ぶことが可能だ。ワールドトリップでは、思い出のワールドを巡り楽曲やストーリーが楽しめる。歴代シリーズを音楽と共に振り返ることが可能だ。バーサスモードではワールドトリップで開放した楽曲を対戦要素を加えて楽しむことができる。インターネットを通じて他のプレイヤーと対戦できるほか、COMバーサス、最大8人で遊ぶバトルロイヤルも登場する。

「キングダム ハーツ」シリーズでは、これまで複数人で遊ぶモードを意図的に避けていたそうだが、本作はリズムアクションということで複数人で遊んで盛り上がれるタイトルに仕上がっている。

コレクション要素としてはミュージアムが登場。800種類以上のアイテムが登場しここだけの歴代キーアートなどが確認できる。「MEMORY DIVE」などはゲームプレイ中に映像が流れるので、じっくり確認することができないが、ここでは映像や音楽を思う存分楽しむことが可能になっている。

ちなみに本作は、間一朗氏が以前からリズムゲームを作りたいと言っていたがなかなか実現することが無かったそうだが、最終的にディズニーからの要望もあって開発に至ったという経緯も明かされた。

続いて実機プレイ映像もお披露目。ここではまずワールドトリップモードをプレイ。歴代のワールドを巡りながら楽曲を開放して、ストーリーを振り返ることが可能だ。難易度は15段階で、3つの難易度から選択することができるようだ。ステージ開始時にはアイテムを持ち込むことも可能になっており、リズムゲームが苦手な人はこちらも活用していくといいだろう。

実際のゲームプレイ画面では、エネミーが画面奥から迫ってくるので、指定されたボタンをリズムに合わせて押すことで倒していくことができる。敵の攻撃を避けるための、ジャンプなどもアクションに割り当てられており、本編とボタン配置も一緒なので、本編のアクションを遊んでいるような感覚で楽しめるのが特徴だ。

さらに協力プレイも実施。左右にそれぞれのスコアがあり、真ん中に合算のスコアが表示される。左右でボタン入力のタイミングが異なる場合もあり、相手の動きに惑わされてないようにするのがポイントだそう。

番組後半では、シリーズの楽曲を数多く作曲した下村陽子さんとピアニストの清塚信也さんも出演。「Dearly Beloved」「Wonderland'S Surprises」「Roxas」のピアノ生演奏が実施された。

ここでは、清塚信也さんが殿堂入りと評する「Dearly Beloved」の制作秘話も。今でこそ「キングダム ハーツ」を代表する楽曲として知られているが、最初は使うところが無く没になったという。それが急遽、タイトル画面の曲が必要になり採用されることになった。それ故に8小節しか曲が存在しなく、曲を付け足すことも考えたそうだが、何を足しても余計になると、今の形になったそうだ。

最後に告知として本作の無料体験版の配信が発表。配信時期は10月中旬を予定しているそうだ。詳細は後日発表されるとのことなので、続報を楽しみに待とう。

(C) Disney. (C) Disney/Pixar. Developed by SQUARE ENIX

キングダム ハーツ メロディ オブ メモリーの情報を見る