フレッチャー、全米iTunesチャート1位獲得した最新EP収録の「Bitter」新ヴァージョンをリリース

©ユニバーサル ミュージック合同会社

新世代シンガー・ソングライター、フレッチャーが、トレヴァー・ダニエルを迎えた新曲「Bitter feat. Trevor Daniel」をリリースするとともにミュージック・ビデオを公開している。

YouTube:FLETCHER, Kito - Bitter ft. Trevor Daniel

「Bitter」は、今月9日にフレッチャーがリリースした7曲入りのEP『THE S(EX) TAPES』に収録されている楽曲で、今日までに3,000万回を超える世界総ストリーミング再生回数を記録している。また、同EPはリリース直後に、アメリカやイギリス、ブラジルなど世界各国のiTunesアルバム・チャートで1位に輝いた。

フレッチャーは、今回のコラボについて次のようにコメントしている。

「トレヴァーと私は、インスタのDMを通してお互いのファンであったことをお互いが知ったの。彼は素晴らしいアーティストで、彼とのコラボの機会に飛びついた。トレヴァーは、元々あった「Bitter」に新しい命を吹き込んでくれた。(この曲の歌詞の通り、)彼も私も元恋人に対して“bitter”(ほろ苦い)気持ちをまだ抱いているのかもね。ミュージック・ビデオのテーマは、大人っぽいエネルギーが取り巻く中での”自分自身の再発見“。

MVで表現したのは、暗い部屋に閉じこもっていてはダメで、外の世界に触れて自分自身との関係性を構築しなくてはいけないことを悟る恐怖と、時間が経てば自分の恋人に新たに好きな人ができるんじゃないかという恐怖。私は今まで“愛しているものがあるなら手放しなさい”という名言の意味がよくわからなかったんだけど、今は理解できる。人生とはそういうものなんだ、って。それはすごく些細なことでもあり、すごく”bitter”で(ほろ苦く)、それこそが現実であり・・・現実は時に痛みを伴うってことよね。」

■リリース情報

フレッチャー

「Bitter feat. Trevor Daniel」

試聴・購入はこちら