「バイオハザード ヴィレッジ」は現行機版も開発中?「モンスターハンターライズ」の新アクションも公開された「CAPCOM SPECIAL PROGRAM」レポート【TGS2020】

©株式会社イクセル

カプコンは、9月25日に東京ゲームショウ2020 オンラインの公式番組内で「CAPCOM SPECIAL PROGRAM」を配信した。

番組では、次世代機(「PlayStation 5」、「Xbox Series X」)およびPC向けタイトルとして発表された「バイオハザード ヴィレッジ」、Nintendo Switch向け完全新作の「モンスターハンターライズ」、「モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~」が紹介された。

まずは「バイオハザード ヴィレッジ」をはじめとする「バイオハザード」シリーズの情報が明かされた。まずは先日公開された映像が改めて公開。本映像は、イーサン・ウィンターズが家族とのありふれた日常を取り戻していたが、その日常を奪うクリス・レッドフィールドが登場するという衝撃的な内容になっている。

本作では「バイオハザード7」から数年後を描く。前作ではイーサンを救ったはずのクリスが登場し、イーサンの日常を奪っていく。その目的とは……というのが本作のあらすじだ。

物語の舞台は、雪深い村。本作ではこの村自体がもう一つの主人公になるという。

村に巣くうクリーチャーも紹介。このクリーチャーは、群れで行動するようでかなり手ごわい存在として登場するようだ。

村には様々な人々が生活をしている。彼らとどのようなドラマが繰り広げられるの。それが本作のポイントだ。

ここでは、初公開となるインタビュー映像もお披露目された。本作はイーサンのすべてを描き切る作品として開発されているが、イーサンは元々、プレイヤーのカメラとして無色透明な存在として作られていたそうだ。だが実際にゲームが完成すると開発チームでもイーサンというキャラクターに愛着が生まれ、彼のその後がどうしても知りたくなったという。そこで続編を制作するにあたり、イーサンが主人公に抜擢された。

本作は「バイオハザード7」と同等か、それ以上に怖いパートが存在するという。物語の舞台となる村は“恐ろしく美しい村”をコンセプトに細部にわたり作り込まれている。村というと小さなイメージがあるかもしれないが、本作では遠くの遠景までリアルに作られており、実際に歩いてみると「こんなところまで行けるんだ」「こんなスポットがあるんだ」という、広がりが感じられるものになっている。

なお、本作は次世代機とPC向けに開発されているが、PS4/Xbox Oneでどこまで再現できるか? ということも並行して研究されているという発言も。あくまで、研究段階とのことだったが、今後の進捗次第では現行機でも本作をプレイできる可能性があるのは朗報といえるだろう。

「バイオハザード ヴィレッジ」の情報は以上のようなところだが、2021年3月22日に「バイオハザード」シリーズが25周年を迎えることを記念して、25周年の記念ロゴと記念アートも公開された。今後も様々な情報を発表していくそうなので、こちらの続報にも期待しよう。

続いては先日発表されたばかりの「モンスターハンターライズ」「モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~」の情報が発表された。まずは「モンスターハンターライズ」のプロモーション映像が公開。先日公開された映像と同じものだが、ハンターの新アクションなどが新たに追加された映像になっている。

本作はNintendo Switchの特徴を活かして気軽に楽しめる「モンスターハンター」をコンセプトに開発されているタイトルだ。「ライズ」というタイトル名には、本作の特徴である軽快なアクションと、世界中のプレイヤーに熱く盛り上がってもらいたいという想いが込められている。

ゲームの最大の特徴は軽快なアクション。今作のフィールドは、崖や高台などが多く、高低差がある作りになっているそうだ。そんな地形を壁を走って駆け抜けたり、新要素となる“翔蟲”を使ってあらゆる地形に移動することができる。“翔蟲”は、移動だけでなく武器毎に特徴的な新アクションを使用する際にも活用できるそうだ。

新オトモとなる「ガルク」についても紹介。ガルクはハンターと連携して攻撃に参加するだけでなく、その背にハンターを乗せて移動することが可能だ。プレイヤーが自由に操作することができて、スタミナも消費しないのでフィールドを自由自在に駆け回ることができる。背中に乗っている間は一部アイテムも使用可能だ。

なお、本作はシングルプレイ/マルチプレイに対応しているのだが、シングルプレイ時は2匹のオトモを一緒に連れていくことができる。組み合わせも自由でガルク&アイルーの組み合わせはもちろん、ガルク&ガルクといったことも可能だ。マルチプレイ時は、オトモを一人一匹連れていくことができる。

本作には新モンスターも登場。本作のメインモンスターを務め、禍々しい雰囲気を纏った「マガイマガド」や、傘のような頭が特徴的な「アケノシルム」、大きな体躯で動くものを砂利ごと平らげてしまうという「ヨツミワドウ」、小型のモンスターを連れて戦う「オサイズチ」などが発表されている。新モンスターは他にも登場する予定で、加えてシリーズでお馴染みのモンスターも参戦する。

先ほど公開された映像について、追加部分も改めて紹介された。登場する武器種も気になるところだが、ハンマー、ライトボウガン、太刀、ランスは映像にも登場している通り使用可能となるようだ。映像内では“翔蟲”を使った新アクションが確認できる他、大樽爆弾を空中で使用したり、オトモガルクが猟犬具を使って攻撃するシーンも確認することができた。

映像内では、新モンスターも確認することができたが、こちらの生態については後日発表されるとのこと。

「モンスターハンターライズ」の情報は以上となり、続いては2021年夏に発売予定の「モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~」のストーリーや登場キャラクターが紹介された。

本作はモンスターと絆を結び、モンスターを育て・共存するRPGゲーム。プレイヤーはモンスターライダーとなって様々な世界を巡っていく。本作では、すべてのリオレウスがどこかに去ってしまった世界で、偉大なライダー「レド」の血を引く主人公と、タマゴを託された竜人族の少女が出会い、「破滅の翼」をめぐる壮大な物語が幕を開けるという。

登場キャラクターも紹介。まずは偉大なモンスターライダー「レド」。レドはリオレウスがパートナーとなるようだが、世界に起きた異変にいち早く気付いたそうで、物語の鍵を握る存在になる。

そして、そのレドの孫にあたる人物がプレイヤーとなる主人公だ。レドと同じモンスターライダーだが、まだまだ駆け出しとなるようだ。本作での主人公はハンターと同じように武器を装備してモンスターと対峙。キャラクターメイクも可能となっており、名前や容姿を自分好みに変更することができる。

前作では、大剣、ハンマー、片手剣、狩猟笛が使用することができたが、本作ではさらに2つの武器種が追加されるそうだ。

最後は竜人族の少女となるエナ。彼女は人間とは異なる竜人という種族で、長寿故に落ち着いた雰囲気のあるキャラクターとなっている。彼女がなぜリオレウスからタマゴを託されたのか、それが物語の鍵となる。

もちろん、他にも沢山のキャラクターたちが登場。こちらの詳細は後日発表される予定だ。

本日公開された情報は以上のようなところだが、カプコンタイトルを紹介する放送番組「CAPCOM TGS LIVE 2020」は明日、明後日にも配信予定だ。ここでは「モンスターハンターライズ」の世界初実機プレイなどもお披露目となるようなので、ぜひチェックしておこう。

詳細
https://www.capcom.co.jp/tgs/

アーカイブ
https://www.youtube.com/watch?v=OTD7pUrW9uk

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

バイオハザード ヴィレッジの情報を見る