大連で合同商談会 北銀

©株式会社北日本新聞社

 北陸銀行は25日、国内9地銀、中国・大連市政府と共に同市で「地方銀行合同商談会」を開いた。対面と、ウェブ会議システムを使ったオンラインの2種類の形式で行った。

 県内からはオンラインの1社を含む北銀取引先3社が参加。全体では現地法人を中心に会場を訪れたのは22社、オンライン参加が20社だった。

 当初は6月に開催する予定だったが、新型コロナウイルスの影響で中止。中国国内での感染状況が落ち着いてきたことや取引先からの要望を受け、時期をずらして開催した。