圧巻!ドミノ倒し10万個 高岡第一高文化祭

©株式会社北日本新聞社

10万個のドミノが倒れて現れたモザイクアートやメッセージ

 ■仕掛け続々 生徒歓声 

 高岡第一高校の文化祭が25日、高岡市本郷の同校であり、恒例のドミノ倒しが行われた。10万個のドミノが勢いよく倒れ、仕掛けが次々に発動すると、生徒たちから歓声が上がった。

 ドミノ倒しは文化祭の目玉イベントで、例年、特別進学コースの2年生が取り組んでいる。今年は36人が24日午後からドミノを並べ始め、25日も早朝から本番直前まで作業した。

 新型コロナウイルス感染防止のため、観客は抽選で選ばれた3年生90人に限定。ドミノが倒れ始めるとメッセージが書かれた幕が下りたり、モザイクアートが現れたりした。

 最後のドミノが倒れ、くす玉が割れると大きな拍手が起こった。