処理水「責任持ち結論」 経産相、福島知事と会談

©株式会社河北新報社

内堀知事(左)と会談する梶山経産相

 梶山弘志経済産業相は25日、再任のあいさつで福島県庁を訪れ、内堀雅雄知事と会談した。東京電力福島第1原発で増え続ける放射性物質トリチウムを含む処理水といった政策課題を挙げ「全力で真っ正面から取り組む」と語った。

 会談は冒頭を除き非公開で行った。内堀知事は「廃炉と汚染水対策を着実に進めることが福島復興の大前提。責任を持ち、前面に立って取り組んでほしい」と求めた。

 終了後、梶山氏は報道各社から処理水処分方法決定の検討状況を問われ「意見を聞きたい関係者がまだ残っている」と強調。海洋放出に反対する全国漁業協同組合連合会(全漁連)を念頭に「意見を伺った上で責任を持って結論を出したい」と語った。

 保管するタンク(137万トン)の増設が必要かどうかに関しては「降雨の状況や汚染水発生の抑制効果などを検証しつつ精査している」と述べるにとどめた。