御嶽山噴火6年で遺族ら登山

コロナ下、慰霊祭は中止に

©一般社団法人共同通信社

御嶽山の噴火から6年となるのを前に山頂の剣ケ峰が見える場所で手を合わせる、長男英樹さんを亡くした堀口純一さん(右)と妻の寛子さん=26日

 58人が死亡、5人が行方不明となった2014年の御嶽山(長野、岐阜両県、3067メートル)の噴火から27日で6年となるのを前に、犠牲者遺族らが26日、慰霊登山を行った。例年開かれる遺族らによる慰霊祭が今年は新型コロナウイルスの影響で中止に。山頂(剣ケ峰)では、犠牲者に手を合わせる姿が見られた。

 例年9月26日は、御嶽山の7合目付近にある遥拝所で慰霊祭が行われ、参加者が山頂に向かって黙とうをささげるが、今年は新型コロナ感染防止のため開催を断念したため、山を訪れる遺族は少なかった。犠牲者遺族らはそれぞれ、あの日、家族が歩いた登山道を思い思いにたどった。