高校野球秋の県大会 ベスト4激突

©青森朝日放送

高校野球秋の県大会は26日、弘前市のはるか夢球場で準決勝2試合が行われました。

第1試合は、同点で迎えた7回ウラ、光星はチャンスで3番佐藤がセンターに弾き返し4対3と勝ち越すと、4番吉村も続きリードを2点に広げます。

対する聖愛は8回、2アウト2塁1塁から7番木村がライトの右を破り1点差に詰め寄ります。そしてなおも、一打逆転のチャンスで8番松坂!しかし、ここは光星の4番手横山が踏ん張りました!光星、秋は2年ぶりの東北大会出場です。

第2試合、八戸西の先発マウンドに上がったのは、186cmの長身右腕・福島。好調な青森打線に対し4回までヒットを許しません。打っても14安打8得点の八戸西、秋は創部以来初の決勝進出です!

27日は、決勝と東北大会残るひと枠をかけた3位決定戦が行われます。