次期衆院選に向け野党連携し「全選挙区で候補者擁立」を確認…合流新党の"立憲民主党"北海道の結党大会

©北海道文化放送株式会社

合流新党となった立憲民主党の北海道連は9月26日結党大会を開き、次の衆議院選挙に向けた方針を確認しました。

合流新党となった立憲民主党の道連は26日、札幌市内で結党大会を開きました。

新党には北海道選出の国会議員全員が参加していて、代表に逢坂誠二衆院議員を、幹事長に梶谷大志道議をそれぞれ選出しました。

さらに次の衆議院選挙に向けて、野党連携で全ての選挙区に候補者を擁立することなどを確認しました。

立憲民主党道連 逢坂 誠二 代表:「大きな塊となって迫力ある野党。それを皆さんとともに作っていこうじゃありませんか」

また大会終了後に合同選挙対策本部を設置し、解散総選挙へ向けた準備を加速させました。