遊びたいゲームは自分でつくる!学生世代に向けたゲームクリエイター発掘・サポートプロジェクトが2021年より始動

©株式会社イクセル

Phoenixxは、未来のゲーム業界を盛り上げる若き創造力に光を当てることを目的とした新プロジェクトを、2021年より始動する。

本プロジェクトは、「プロ」ではない「アマチュア」や「インディー」にこそ潜む破壊力・創造力といったまだ見ぬ才能・アイディアが眠っているのは“STUDENT”かもしれないといった想いから生まれたもの。

学生や児童を中心にデジタルゲーム作品やアイディアを募集するコンテストを実施し、未来のゲームクリエイターのため、優秀作品には開発環境のサポートやパブリッシングを補助していく。

コンテストへの参加資格は、“STUDENT”であること!ただそれだけとなっており、小・中・高・大・院・専門学校生と、これらに相当する年齢であれば、グループでの参加も可能だ。

ゲームとしての“面白さ”を第一とし、ゲームデザインやビジュアル、アイディアの革新性、技術力、品質などを総合的に判断して審査される。プロジェクトの詳細については後日発表予定だ。

■新プロジェクトのコンセプト:株式会社Phoenixx 代表取締役 坂本和則

2020年、世界を取り巻く困難な状況が変えた日常。自宅で過ごす時間が増え、ある種の窮屈感を覚えた際に、ゲームをはじめとしたエンタテインメントコンテンツに救われた方々は、私だけでなく多くいらっしゃると思います。

改めてコンテンツの強さ、そしてそういったコンテンツを作りあげていくクリエイターの尊さを感じました。そんなクリエイターたちに、我々Phoenixxは今何ができるのか?

我々のミッションである「Creators-Centric」という言葉には、現在活躍されているクリエイターの皆さんを第一に様々な可能性をサポートしていくという意志だけでなく、これから活躍していくクリエイターの皆さんが、自分の作りたいゲームの制作に邁進できるようにサポートをしていく、という意志もこめられています。

技術の進化や情報共有社会の後押しもあり、老若男女関係なくクリエイティブが発揮できる時代です。そんな時代のなか、既成概念にとらわれない新しい感性を存分に発揮した作品が集まれば、きっとそれを観た子どもや若者たちへの刺激となり、感性がより豊かに育つと私は考えています。

10年後のゲーム/エンタメ業界がより一層盛り上がっていく状態を作るために、本プロジェクトをこれから進めてまいります。