【社会人野球】ドラフト候補左腕、Honda鈴鹿・森田は4失点も中日スカウト「評価は落ちない」

©株式会社Creative2

トヨタ自動車戦に先発したHonda鈴鹿・森田駿哉【写真:福岡吉央】

トヨタ自動車相手に2ラン被弾などで3回途中で降板「試合を作らないと」

第91回都市対抗野球大会の東海地区2次予選が26日、岡崎市民球場で行われ、トヨタ自動車(豊田市)との第1代表決定戦で、Honda鈴鹿(鈴鹿市)のドラフト候補、左腕の森田駿哉投手(富山商-法大)、右腕の松本竜也投手(智弁学園)が登板した。先発した森田は2回2/3、4失点。3番手として登板した松本は3回1/3、1失点(自責0)だった。試合はトヨタ自動車に1-5で敗れた。

本大会出場を1発で決めることはできなかったが、Honda鈴鹿の左右のドラフト候補投手が、昨年、都市対抗野球で準優勝を飾ったトヨタ自動車打線相手に、力強い投球を披露した。

先発の森田は、制球力を武器に2回まで無失点のピッチング。だが、3回にトヨタ自動車打線に捕まった。昨年の都市対抗野球で本塁打王、打点王、ベストナイン(一塁)の3冠に輝いている4番の沓掛祥和内野手(慶応-慶大)に左越え2ランを浴びるなど、4安打を許し、4失点。トヨタ自動車の先発は、ドラフト1位候補として注目される栗林良吏投手(愛知黎明-名城大)で、2人の投げ合いが予想されたが、序盤で早々とマウンドを降りた。

「プレッシャーはあったが、(先発は)試合を作らないといけない。調子は悪くなかったが、序盤に失点してしまった。(本塁打は)相手にうまく打たれた。あそこは最少失点で抑えないといけなかった」

前回、初の先発となった20日のJR東海(名古屋市)戦では、3回1/3、無失点。元中日の中田亮二内野手(明徳義塾-亜大)が4番に座る打線に得点を与えなかったが、この日は納得のマウンドとはならなかった。

トヨタ自動車戦に3番手で登板したHonda鈴鹿・松本竜也【写真:福岡吉央】

同じドラフト候補の右腕・松本は好救援、スカウト「今後楽しみ」

一方、松本は0-4で迎えた4回2死満塁のピンチで3番手としてマウンドに上がった。これ以上リードを許すわけにはいかない場面で、松本は力のある直球で相手打者を中飛に打ち取ると、その後も7回までロングリリーフ。6回には味方の失策が絡み、1点を失ったが、140キロ台後半の直球を武器に、リリーフとしての責任を果たした。

「満塁の場面は気合が入っていた。重大な役目だったし、全力で投げた。前回、チームに対して申し訳ないピッチングをしてしまったので、何とかしたかった」

前回、リリーフ登板した17日のヤマハ(浜松市)戦では本塁打を浴びるなど、納得の投球ができていなかっただけに、リベンジに燃えていた。

丸井健太郎監督は、森田について「あの回は少しリズムが崩れてしまった。予選の厳しい戦いの中でいろんなことを吸収してほしい。まだ大会は続くので、次に生かしてほしい」と期待。松本に対しては「粘り強く投げてくれた。ピンチでもしっかり腕を振っていた。今日のほうがよかった」と語った。

スタンドには、中日、阪神、西武など約10人のスカウトが集結した。中日の清水昭信スカウトは森田について「打たれはしたが、内容は良かった。ストライク、ボールの出し入れができ、自分のピッチングができるようになってきた。評価は落ちていない」。松本についても「まだ21歳だが、いい球を持っていて、今後の伸びしろがある。スタミナ面や変化球に課題はあるが、直球の質がいい。内角の高めに決め球を投げられるところは評価できる。今後楽しみな選手です」と話した。

Honda鈴鹿は次戦となる28日にジェイプロジェクト(名古屋市)と第2代表決定戦を戦う。この東海地区2次予選はドラフト前最後の公式戦で、今秋指名が解禁となる両投手にとっては、ドラフト前、最後のチャンス。登板機会が回ってこれば、更なるアピールといきたいところだ。(福岡吉央 / Yoshiteru Fukuoka)