廃棄された鉱山を憩いの場に 江西省贛州市

©新華社

廃棄された鉱山を憩いの場に 江西省贛州市

江西省尋烏県文峰郷上甲村付近に位置する生態系修復エリア。かつては廃棄されたレアアース鉱山が広がっていた。(7月19日撮影、小型無人機から、尋烏=新華社記者/彭昭之)

 【新華社贛州9月26日】中国江西省贛州(かんしゅう)市尋烏(じんう)県はレアアース(希土類)の産地として知られる。1970年代から30年以上にわたり大規模な採掘が続き、開発後は廃棄されたレアアース鉱山が広範囲にわたって残された。同県は2010年から生態系の修復と整備を開始、今では鉱山の植生被覆率は80%に達している。

廃棄された鉱山を憩いの場に 江西省贛州市

江西省尋烏県文峰郷上甲村付近に位置する生態系修復エリア。かつては廃棄されたレアアース鉱山が広がっていた。(7月19日撮影、小型無人機から、尋烏=新華社記者/彭昭之)

廃棄された鉱山を憩いの場に 江西省贛州市

江西省尋烏県文峰郷上甲村付近に位置する生態系修復エリア。今では周囲の植生回復に加えて展望台も完備し、周辺地域から訪れる観光客の憩いの場となっている。(7月19日撮影、小型無人機から、尋烏=新華社記者/彭昭之)

廃棄された鉱山を憩いの場に 江西省贛州市

江西省尋烏県文峰郷上甲村付近に位置する生態系修復エリア。かつては廃棄されたレアアース鉱山が広がっていた。(7月19日撮影、小型無人機から、尋烏=新華社記者/彭昭之)

廃棄された鉱山を憩いの場に 江西省贛州市

江西省尋烏県文峰郷上甲村附近に位置する生態系修復エリア。今では周囲の植生回復に加えて太陽光発電の基地にもなっている。(7月19日撮影、小型無人機から、尋烏=新華社記者/彭昭之)

廃棄された鉱山を憩いの場に 江西省贛州市

江西省尋烏県文峰郷上甲村付近に位置する生態系修復エリア。かつては廃棄されたレアアース鉱山が広がっていた。(7月19日撮影、小型無人機から、尋烏=新華社記者/彭昭之)

廃棄された鉱山を憩いの場に 江西省贛州市

江西省尋烏県文峰郷上甲村付近に位置する生態系修復エリアで花から蜜を集めるミツバチ。(7月19日撮影、尋烏=新華社記者/彭昭之)

廃棄された鉱山を憩いの場に 江西省贛州市

江西省尋烏県文峰郷上甲村ののどかな風景。(7月19日撮影、尋烏=新華社記者/彭昭之)

廃棄された鉱山を憩いの場に 江西省贛州市

江西省尋烏県文峰郷上甲村付近に位置する生態系修復エリア。今では周囲の植生回復に加えて展望台も完備し、周辺地域から訪れる観光客の憩いの場となっている。(7月19日撮影、尋烏=新華社記者/彭昭之)

廃棄された鉱山を憩いの場に 江西省贛州市

江西省尋烏県文峰郷上甲村付近に位置する生態系修復エリア。かつては廃棄されたレアアース鉱山が広がっていた。(7月19日撮影、小型無人機から、尋烏=新華社記者/彭昭之)