PS5/Xbox Series X版も2020年12月10日に同時リリース!番組「世界最速生プレイ!『ぷよぷよテトリス2』」をレポート【TGS2020】

©株式会社イクセル

セガは、東京ゲームショウ2020にあわせて番組「世界最速生プレイ!『ぷよぷよテトリス2』」を配信した。

番組の前半では、プロデューサー・細山田水紀氏の解説のもと、ディレクター・平尾直裕氏による生プレイが披露された。

細山田水紀氏
平尾直裕氏

アドベンチャーモードではアドベンチャーマップや漫才デモの様子。スキルバトルではチームセレクトや対戦が行われ、上まで積んでしまってHPが減る様子や、MPを消費してのスキル発動などを確認することができた。ハンデせっていで、激甘と激辛に設定すると、激辛の方が最初の1分間スキルを使えないなど、実力に応じたハンデをつけることができるそうだ。初心者でも遊びやすいタイトルになっていると細山田氏がおすすめしていた。

番組後半では、「ぷよぷよテトリス」のトッププレイヤー、あめみやたいよう選手とともくん選手よるエキシビジョンマッチが開催された。

あめみやたいよう選手
ともくん選手

ルールは、ぷよぷよとテトリスが入れ替わるスワップで2本先取。第1戦からトッププレイヤーらしい激しい戦いが繰り広げられ、あめみやたいよう選手の勝利。第2戦は、電光石火の攻めでともくん選手が勝利。第3戦は細山田氏が解説できないと言うほど、スピーディーな戦いが繰り広げられ、あめみやたいよう選手が勝利した。

プレイした感想を聞かれたあめみやたいよう選手は、「世界初でプレイできたのでめちゃくちゃ楽しかったです。従来のスワップルールとあまりかわらなかったので、いつもどおりのプレイができました。」と語り、ともくん選手は「今は負けた気持ちが強くて」と悔しい気持ちを表していた。

続いて、なすなかにしの二人が登場し、トッププレイヤーの二人とチームを組んで戦うことに。開始直後から、なすなかにしの二人は「なんで?なんで?」「ちょっとまって!」とトッププレイヤーの二人にまったく歯が立たず、実力の差を見せつけられていた。

番組の最後には細山田氏から、PS5/Xbox Series X版が2020年12月10日にりりーすされることが発表された。PS4版からPS5版へのアップデートできる機能なども用意されているそうなので、公式サイトをチェックしよう。

(C)SEGA Tetris (R) & (C) 1985~2020 Tetris Holding.

ぷよぷよテトリス2の情報を見る