「キングオブコント」13代目のキングにジャルジャル

©株式会社ジェイプレス社

26日、コントの祭典「キングオブコント2020」の決勝が行われ、キングオブコントの常連・ジャルジャルが第13代のキングの称号を手にした。終了後に後藤淳平と福徳秀介が優勝会見に応じた。

〇13回目の挑戦に関して

福徳「僕らは、しつこく出続けてて、それでいいのか!? 若手が輝くべき大会に僕らが出ていいのかって不安もあったんですけど、どうしてもチャンピオンんになりたくて、優勝したくて……挑み続けてよかった」

後藤「1回から挑戦してて、12回悔しい思いをしてたって事で! ホントにもう~気が狂いそうになるくらい凹むってこともあった……でも、優勝してその悔しい思いとか吹き飛びましたね!これが優勝か!これがチャンピオンなんや!今まさに実感してる最中です」

〇決勝は4回目、今年はどんな戦いでした?

福徳「今回は僕らが最年長!後輩には負けられないというプライドの戦いでもありました」

後藤「今回は準備段階から、結構優勝がイメージできてた……ような気がします!しっかり準備させていただきました。沢山準備が出来た事が良かった」

〇1STステージの野次ワクチンについて

福徳「去年の年末単独ライブで出来たネタで、お客さんの反応がいい感じやな、あんまりマニアックじゃなく、大衆ウケするネタをチョイスした」

後藤「やってて自分たちも笑ってしまうネタって、たまにあるんですけど『野次ワクチン』ってまさにそれで、何回もやって、特にやじられる僕が笑っちゃう……イコールいいネタ、文句なしのチョイスだったなと思います」

〇空き巣タンバリンを決勝にもってきた理由は?

福徳「YouTubeで一日一本ネタをアップしてるんですけど、これは10年くらい前にあった案だった、久しぶりにYouTube撮影で今年やりまして、思いのほか反応がよかったので、もしかしたらキングオブコントに向いてるんじゃないか?って思いがあった」

後藤「YouTubeでは『ネタの種』ってゆって上げてるんですけど、正に種が花開いたって感じで、お客さんの前でやる事、想定してなかったネタがまさかキングオブコントの二本目に持ってこれるまでに成長してくれたって事が嬉しいですね」

〇この嬉しさを、今誰に伝えたいですか?

福徳「はぁ~そりゃもう~家族……家族はホントずっと応援してくれてて、いつかのそ期待に応えたいって思いはあった。吉本社員、構成作家、スタッフの皆さん、いつも応援してくれてるファンの皆さん、ほんだ先生。先輩芸人のあべこうじさんにも、最高のアドバイスもらった!ホント心の底から感謝している」

後藤「ホントに(福徳と)全く一緒です! 家族が、『優勝してきてね!』って言葉をくれたので、すごい力になりました。そんで、家出る前に妻は泣いてました!なぜか(笑)はい!家族の期待を力にできたなっと……福徳が言った全員に感謝してます」

(C)TBS

〇優勝賞金1000万円の使い道

福徳「ここでボケへんのかい!と思われるかもしれないですけど、家族に人間ドックをプレゼントしたいと思います」

後藤「お前はボケるんかい!と思われるかもしれないですけど、おんなじ原付を何台も買います! まぁ~それは冗談として、ホントに賞金というのを、こんなに意識しなかったのは初めて、賞金は意識せずにやってました! だからちょっと、決めきれてないです」

*ネタのタイトルに誤りがあったの修正いたしました。申し訳ございません。