新型コロナ 茨城で26日は新たに5人 クラスター発生の千葉の飲食店利用者ら

©株式会社茨城新聞社

茨城県庁=水戸市笠原町

茨城県は26日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに5人確認されたと発表した。このうち、土浦市の30代無職女性と坂東市の40代無職女性は、クラスター(感染者集団)が発生した千葉県柏市の飲食店「タイレストラン純」を利用していた。県内の累計感染者は637人となった。

土浦市の女性は、県外の知人と16日に同店で会食。坂東市の女性も、県外の知人と18日に同店で会食していた。それぞれ知人の感染判明を受け、保健所へ申し出たことで感染が分かった。県と柏市によると、同店ではこの本県内2人を含め計8人の感染が判明しているという。

柏市は26日、同店の店名を公表。1〜13日に同店を訪れた発熱症状などがある利用客と、14〜18日に同店を訪れた全ての利用客に向け、保健所への相談を呼び掛けている。

このほか、坂東市の50代無職男性は感染判明した県外の知人と12日に県外で会食。土浦市の40代会社員男性は9月中に関西方面や東京都内など、複数回県外へ出張。筑西市の20代自営業男性も9月中に仕事で県外を複数回にわたり訪れていた。

ほかに、新型コロナ感染者のうち新たに1人が26日までに軽症者等宿泊施設を退所。県内の退院・退所などは計574人となった。

■県内感染確認者
637人(前日比+5人)
うち死者 17人
退院・退所等 574人
(県発表、26日午後10時現在)