<あのころ>天皇がマッカーサー訪問

政府は写真を不敬扱い

©一般社団法人共同通信社

1945(昭和20)年9月27日、昭和天皇が米国大使館に連合国軍総司令部(GHQ)のマッカーサー元帥を訪問。写真が新聞に掲載されると、正装した天皇に対し元帥のラフな姿が敗戦の事実を突きつけるものとして衝撃的に受け取られた。不敬として政府は当初掲載紙の発行禁止を命じたがGHQはその撤回を指令していた。