「富富富」真空包装で長持ち 県アンテナ店で来月販売 大門の「大空」

©株式会社北日本新聞社

日本橋とやま館で販売される真空包装の「富富富」

 射水市土合(大門)の米販売会社「大空」は10月1日から、真空包装した県産ブランド米「富富富(ふふふ)」を東京都内にある県アンテナショップ「日本橋とやま館」で販売する。富山駅の土産店では月間で千個売れた実績があり、大消費地の首都圏で拡販を目指す。

 同社は大門食糧(同市北野・大島)の子会社。「富富富」を精米した後、北陸地方で1台しかないとされる機械で真空包装し、キューブ(立方体)型に仕上げている。真空包装することで、おいしく食べられる期間が通常約1カ月のところ約6カ月に延びるという。

 1個300グラム(約2合)でメーカー希望小売価格500円(税込み)。米澤治夫会長は「単身生活者が多く、コロナ禍で外食が減っている首都圏で需要が高いはず」と話す。

■六本木ヒルズの屋上庭園で富富富収穫

 県産ブランド米「富富富」の稲刈りイベントが26日、東京都港区の六本木ヒルズであり、親子連れら約50人が収穫を楽しんだ。

 森ビルが地方の文化を発信しようと2006年から毎年開催するイベントで、県が初めて協力した。

 六本木ヒルズ内のオフィスなどに勤める人とその家族が参加。地上約45メートルの屋上庭園にある約130平方メートルの水田で稲を刈り取り、束ねてはさ掛けにした。

 県農林水産企画課の伴義人市場戦略推進班長が富富富の特徴や魅力、県のアンテナショップを紹介。参加者には富富富のパックご飯やハトムギ茶、県の観光パンフレットが配られた。

富富富を収穫する参加者=六本木ヒルズ