子どもが話すオリジナル言葉!独特過ぎるけどおもしろかわいい言い間違い

©株式会社ベビーカレンダー

子どもは成長とともに少しずつおしゃべりがじょうずになっていきますが、子どもならではの言い間違いは大人をほっこりさせますよね♪ 今回は、独特過ぎるけどおもしろかわいい言い間違いをピックアップしてご紹介いたします!

子どもの言い間違いは、無意識にほかの音に変換していたり、前後の言葉を自由に入れ替えていたりと、いろいろなパターンがあります。SNSでもたびたび「かわい過ぎる!」と話題になっており、子どもの言い間違いに関する投稿も多いです。

今回は、独特過ぎるけどおもしろかわいい言い間違いをセレクトしてみました☆ それでは紹介していきます♪

おもかげを残しているオリジナル言葉も! (2歳3カ月)

この投稿をInstagramで見る

わさび(@wasabi_2910)がシェアした投稿 -

「ブビべビ」「あーぱがしゅ」「ペトテットットッテーパー」などは、おもかげを残しているので、わかりやすいですね♪

謎の言葉「はしてっと」の正体とは!? (2歳9カ月)

この投稿をInstagramで見る

のぶえ@育児絵日記(@sanmanobue)がシェアした投稿 -

これは全然わかりませんでした! 「はしてっと」=「ハッピーセット」とは何とも難しいです! 難易度の高さに完敗しました(笑)。

なかなか新しい言い間違いですね(笑)! (3歳)

この投稿をInstagramで見る

もこぞー(@mocozo52)がシェアした投稿 -

「くちびる」と「くじびき」は結構かけ離れているのですが(笑)。予想外の言い間違いにほっこりしました☆

走るときのかけ声がちょっとおかしいです! (3歳)

この投稿をInstagramで見る

ツマ子(@tumakonofamily)がシェアした投稿 -

「スタート」をまさかの「スカート」と言い間違えています(笑)。ほのぼのする言い間違いですね☆

えっ!猫じゃなくて豚なんですか!? (2歳2カ月)

この投稿をInstagramで見る

しまこ(@shimak03)がシェアした投稿 -

「じゃらし」が言えなくて「じゃじゃち」になっているのがかわいいです♪ 猫じゃなくて豚なんですね(笑)!

以上、独特過ぎるけどおもしろかわいい言い間違いをご紹介しました! どの言い間違いも独特でおもしさ全開でした♪ 成長とともに子どもはどんどんおしゃべりがじょうずになっていくので、言い間違いをするかわいい時期も大切に過ごしていきたいですね♡

ベビーカレンダーでは、赤ちゃん時代を卒業して自己主張を始めた2~5歳までの子どもの力を伸ばし、親子の生活がもっと楽しくなる【キッズライフ記事】を強化配信中。今よりもっと笑顔が増えてハッピーな毎日なりますように!


「ベビーカレンダー」は、医師・専門家監修の妊娠・出産・育児の情報メディアです。赤ちゃんとの毎日がもっとラクに楽しくなるニュースを配信中!無料の専門家相談コーナーも大人気!悩み解決も息抜きもベビカレにお任せ♡