ソバの花 風に揺れ 生育順調で見頃 新地、川俣

©株式会社福島民報社

鹿狼山を背景に揺れるソバの花=新地町

 新地町内でソバの花が見頃を迎えている。鹿狼山の登山道近くにある鹿狼の湯代表の加藤源司さんが八月中旬に種をまいた十二ヘクタールの畑でも、白い花が鹿狼山を背景に爽やかな風に揺れている。加藤さんによると、今月上旬の大雨で一部倒れたが、生育は順調で十月上旬に収穫期を迎える。花は今月いっぱい楽しめるという。

 川俣町内もソバの白い花が一面に広がっている。町産業課によると、町内のソバ畑は仲之内そば会に加盟する四戸合わせて六・八ヘクタールで、十月中旬に収穫が予定されている。花の見頃は十月初旬までという。

白い花が一面に広がるソバ畑=川俣町