御嶽山噴火から6年 麓で追悼式 新型コロナの影響で規模縮小 遺族「毎日、空を見上げて『ごめんね』と」

©株式会社長野放送

戦後最悪の火山災害となった御嶽山の噴火からきょう27日で6年。麓の長野県王滝村では遺族などが参列し、追悼式が行われました。

王滝村の会場では噴火が起きた11時52分にあわせて黙祷が捧げられました。

2014年に発生した噴火では58人が死亡し、今も5人が行方不明のままとなっています。

シェルターなどの安全対策が進み、今年は「王滝頂上」まで規制が解除されましたが、多くが犠牲になった「八丁ダルミ」は今も立ち入りができません。

夫を亡くした伊藤ひろ美さん(長野県):

「何年たっても毎日、後悔と反省の日々」

夫を亡くした野口弘美さん(長野県):

「毎日、空を見上げながら『ごめんね』って言ってます。何で一緒に登らなかったのか・・」

新型コロナのため式典の規模は縮小されましたが、およそ60人が犠牲者の冥福を祈りました。