見た目はサメだが実はエイ 水族館「長崎産は初めて」

©株式会社長崎新聞社

予備飼育棟に仲間入りした「トンガリサカタザメ」=長崎市宿町

 見た目はサメだが実はエイ-。長崎ペンギン水族館(長崎市宿町)の展示外の生き物が集まる予備飼育棟に、一風変わった珍魚「トンガリサカタザメ」が仲間入りしている。
 性別はメスで、体長約120センチ。7月ごろ漁師の定置網にかかり、連絡を受けた同館が引き取った。世界的には絶滅危惧種で、インド洋などに生息。長崎近海で捕れるのは非常にまれで、同館も「長崎産は初めて確認した」という。
 背びれの形がサメに似ているのが名前の由来である一方、楽器にも見えることから英名はギターフィッシュ。同館は近く一般公開を始める予定だが、油断すると“エイ遠”に正体を見失いそう。