事務所移籍の瀧内公美、女優人生の決断を語る「表現の幅を狭めたくない」

©まいどなニュース

事務所移籍で開花した、瀧内公美(撮影:石井隼人)

芸能界で移籍や独立が増えている。9月25日公開の映画『蒲田前奏曲』に主演する瀧内公美(30)も移籍を経験した一人。2018年に約6年間所属した大手芸能事務所を退所し、舞台方面に強い現在の事務所に移籍した。直後に主演した映画『火口のふたり』(2019)で高い評価を受け、テレビドラマの世界でも安定の演技を見せている。決断を契機にキャリアを大きく前進。女優としてのターニングポイントになった移籍に至る心境を聞いた。

きっかけは、デリヘル嬢を体当たりで演じた映画『彼女の人生は間違いじゃない』(2017)。瀧内に初めての映画賞をもたらした思い出深い作品だ。「この作品に影響を受けて、これからもお芝居をやっていきたい、表現の幅を狭めたくないという気持ちが湧きました。まだまだ経験値も足りないし、もっともっと失敗を繰り返さないと、という自分自身への焦りと年齢のことは気にしていました。そのときに一度リセットして、自分のことを見つめ直したいと思ったんです。わがままではありますが、私がやりたいものに関して『いいね!すぐにやろう!』という環境を探したいな、と思いました」。

9月25日公開の映画『蒲田前奏曲』

30歳を目前にした決断。「日本はエージェント方式でやっているような海外とはシステムが違うし、俳優の労働組合もない。そう考えるとフリーランスとして活動するのは私には出来ない。そもそも30代手前の私を受け入れてくれるような事務所なんてあるの!?」という不安はあった。しかし表現欲求がそれを上回った。「自分がその作品に惚れれば、どんな大胆な表現についても気にはなりません。作品として面白ければやりたいという気持ちが勝る。やりたいことがやれないことの方が、私としては苦しい」と迷いはなかった。

木野花や石橋けいなど、舞台で重宝される俳優を有する少数精鋭の吉住モータースに転属。「色々な会社とお会いする中で、一番私の考えを大切にしてくれた事務所。やりたい作品同様に私自身も我の強いタイプなので、そんな私の話を社長は何度も時間をかけて聞いてくれた。これだけ我慢強い人でなければダメだと思った」と自虐を交えつつ出会いを喜ぶ。

9月25日公開の映画『蒲田前奏曲』

のちに女優としての評価を一段と高める『火口のふたり』の主演打診が来た際も「社長は“中途半端になるのはダサい。やるならば思い切り”と背中を押してくれました。女優を守ることも大切ですが、作品のためのベストを一緒になって考えてくれるマネジメントがいるのは私にとっては心強い」と並走を実感することができた。

移籍という決断は、演じる姿勢にも変化を与えた。「以前は正解を求めてしまい、間違っていたらどうしようという不安が勝っていたけれど、今はトライ・アンド・エラーができる。自分が好きだと思う作風の作品に呼んでいただけるのは幸せなこと。この作品に出たい、こういう役がやりたいと思うものに出られたときは続けてきて良かったと思う。改めて女優業は魅力的なお仕事だと思っています」と意欲的に試行錯誤を繰り返している。

女優の松林うららがプロデュースし、日本映画界の若手実力派監督が集結したオムニバス映画『蒲田前奏曲』。瀧内は、セクハラや#MeTooの実体験やエピソードを話すオーディションに参加する女優の黒川を演じる。かつて自分にセクハラをしてきた映画監督を目の前に心の内をぶつけていく。「オーディションというシチュエーションはリアルですが、実際のオーディションだったら言わないことです。台本の中にあった、オーディションで感じる圧力や違和感を言葉にできたのは映画の中だからこそ」と話している。

(まいどなニュース特約・石井 隼人)