「桜花の候」「うららかな」 - ビジネスメールで使える季節の挨拶【4月編】

©株式会社マイナビ

4月はビジネスでもプライベートでも、1年でもっとも変化の多い月のひとつ。そのためメールや手紙などを送る機会も多いのではないでしょうか。

メールや手紙を送る場合、四季の変化が豊かな日本では「季節の挨拶」と呼ばれる文面の最初に書く文章があります。季節の挨拶は時節ごとの語句を使うことで季節感を出し、送る相手の健康を気遣うなど、ビジネスレターやメール、プライベートでも目上の方へ送る場合などに欠かせません。

4月に出すメールや手紙に使える季節の挨拶について、詳しくみていきましょう。

季節の挨拶を使ったレター・メールの作成方法

季節の挨拶を使ったレターやメールには、定型の作成方法やルールがあります。まずはそれらのの基本についてみていきましょう。

始まりと終わりの書き方

季節の挨拶を使ったメールや手紙は、ビジネスかプライベートかで書き方が異なります。ビジネスシーンや公的な文書の場合、頭語である「拝啓」から始まり、結語である「敬具」で終わります。文書に記載する順番は次の通りです。

1. 拝啓
2. 季節の挨拶
3. 主文
4. 結びの言葉
5. 敬具

プライベートな内容やビジネスでも親しい間柄の場合は、「拝啓」「敬具」などの頭語や結語は堅苦しくなってしまうため省略するのが一般的で、次の3つで構成します。

1. 季節の挨拶
2. 主文
3. 結びの言葉

季節の挨拶はどこに入れる?

前述の通りビジネスや公式な文書では頭語(拝啓)の次、プライベートなどややカジュアルなシチュエーションでは文頭に、季節の挨拶を挿入します。

季節の挨拶には「漢語調」「口語調」の2種類がある

季節の挨拶には、ビジネスシーンなどで使われるあらたまった「漢語調」と、プライベートなど親しい間柄に使う「口語調」の2種類があります。

漢語調には「○○の候(こう)」「○○のみぎり」の2種類があり、○○の部分には季節に合わせた言葉が入ります。「候」は季節や気候、「みぎり」は、「~のころ」「~の時期」を意味しています。

口語調は一般的に親しい間柄で使いますが、ビジネスシーンでも少しカジュアル内容の場合に使います。口語調は漢語調よりも多くの季節の挨拶の種類があり、あまり強いルールもないため、オリジナルのアレンジがしやすくなっています。

結びには繁栄や指導を願う言葉、相手を気遣う言葉を

漢語調でも口語調でも、末には結びの言葉を記載します。 結びの言葉は季節の挨拶や主文の内容によって、「ますますのご発展を祈念申し上げます」など相手の繁栄を祈る言葉や、「ご指導・ご鞭撻の程どうぞよろしくお願いいたします」など指導・愛顧を願う言葉、また「季節の変わり目で天気も不安定ですが、時節柄どうぞご自愛ください」など、相手を気遣う言葉を書くことが一般的です。

結びの言葉は、季節の挨拶とかぶらないように注意しましょう。

季節の挨拶を使ったビジネスレターの基本フォーマット

上記を踏まえ、汎用性のあるビジネスレターの文例をご紹介しましょう。

拝啓 〇〇の候、貴社ますますご清栄のことと心からお喜び申し上げます。

平素は格別のご厚情を賜り、厚く感謝いたしております。

さて、(主文)
つきましては、(主文)

末筆ながら貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。
まずは略儀ながら書中にてお知らせいたします。

敬具

令和△△年〇月〇日

△△株式会社
役職 名前

次に、「○○の候」部分に入る4月の季節の挨拶をみていきましょう。

4月の季節の挨拶と例文(漢語調・ビジネス編)

漢語調の季節の挨拶は、上旬・中旬・下旬など、月のいつの時期かによっても使う言葉が異なります。4月のそれぞれの時期別に、使える季節の挨拶をご紹介しましょう。先に紹介したビジネスレターの例文と季節の挨拶を組み合わせれば、あとは本文を追加するだけでビジネスメール・レターの完成です。

4月全般

陽春の候(ようしゅんのこう)

陽春の候とは「陽気に満ちた暖かい春の時候」を意味し、4月全般に使うことができます。

桜花の候(おうかのこう)

桜花の候とは「桜の花が咲いている時候」を意味し、実際に桜が咲き始めてから散り始めるまで使うことができます。日本列島は南北に長いので南の方では桜が咲き始める3月から、また北の方では4月下旬でも使えるなど、実際の桜の開花状況に応じて使いましょう。

春爛漫の候(はるらんまんのこう)

春爛漫の候とは「春の花が咲いて光に満ちている時候」を意味し、こちらも実際に多くの花が開花する時期に、メールや手紙を送る相手の地域に合わせたタイミングで使うといいでしょう。

4月中旬~末まで

惜春の候(せきしゅんのこう)

「惜春の候」とは「過ぎゆく春を惜しむ時候」を意味し、一般的に春が終わるとされる4月中旬から4月末くらいの間に使います。

4月にふさわしい結び

漢語調の場合結びの文に季節的な要素を入れなくても問題はありませんが、4月に合った結び文を入れることで、より季節感のある、趣のある文書に仕上げることができます。

4月にふさわしい結びの例をご紹介しましょう。

春に関する結び

  • 陽春のみぎり、更なるご活躍をお祈り申し上げます。
  • 春陽麗和の好季節、貴社のますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。

新生活に関する結び

  • 新天地でのさらなるご活躍を、心より祈念しております。
  • 新年度を迎え、諸事ご多用のことと存じますが、ご返事賜りたくお待ち申し上げております。

健康に関する結び

  • 花冷えの折、くれぐれもご自愛くださいませ。
  • 天候不順の時節柄、ご自愛くださいますようお願い申し上げます。

4月の季節の挨拶と例文(口語調・親しい人やビジネスカジュアル編)

それでは次に、口語調での挨拶を紹介します。

4月全般

  • 春爛漫の好季節、お健やかにお過ごしのこととお察しいたします。
  • 桜花満開の、うるわしい春の日がやってまいりました。
  • 色とりどりの花が咲き競う、美しい季節を迎えました。

実際の桜や花の開花状況に合わせて使いましょう。

4月上旬~中旬

  • 春の嵐に翻弄される今日この頃、つつがなくお過ごしのことと思います。
  • 春宵一刻価千金の頃となり、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
  • どんよりとした花曇りの日が続いておりますが、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。

4月中旬~下旬

  • 若草の緑が眩しい季節となりましたが、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。
  • 葉桜のみぎり、お健やかにお過ごしでしょうか。
  • 夜のおぼろ月に、春の風情を感じる季節となりました。

4月下旬~5/5

  • 花の盛りもいつしか過ぎて、葉桜の季節を迎えました。
  • 雨に濡れた新緑がますますあざやかな今日この頃、お健やかにお過ごしでしょうか。
  • 春風にさそわれて、つい外出をしたくなる今日この頃です。

4月にふさわしい結びの言葉

口語調の文書に合う、4月にふさわしい結びの言葉をご紹介しましょう。

春に関する結び

  • うららかな季節、どうぞ心穏やかにお過ごしください。
  • 過ぎゆく春を惜しみつつ、ますますのご活躍を祈念しております。

新生活に関する結び

  • 心機一転、新しい環境でのますますのご活躍を願っております。
  • 新天地での生活が、実り多いものとなりますように。

健康に関する結び

  • 春雨が続きますが、どうぞご自愛くださいませ。
  • 花冷えの頃ですが、健康にはくれぐれも御留意ください。

【まとめ】春の息吹を感じるお便りを

日本では4月から新年度とする企業や学校も多く、さまざまなターニングポイントとなる時節。また日も1日ごとに長くなり、咲き誇る花や桜の姿、そしてすぐそこまで見えている大型連休など、多くの人が心躍る時期でもあります。

4月の季節の挨拶や結びの文を上手に取り入れたメールや手紙を送ることで、受け取った相手も春の息吹やよろこびを感じるような、粋な文章に仕上げましょう。