セガのアーケードの歴史をこの1台に集約!話題のミニゲーム機「アストロシティミニ」先行体験レポート

©株式会社イクセル

今年はオンラインでの開催となった、「東京ゲームショウ2020オンライン」。セガからも注目タイトルが多数紹介されたが、そのイベントに先駆けて話題のミニゲーム機「アストロシティミニ」の体験会がメディア向けに行われた。

この「アストロシティミニ」は、1993年に全国のゲームセンターに導入されたアーケード筐体「アストロシティ」を、実物の1/6サイズで再現したものだ。発売は12月17日で、全36タイトルが収録される。

ふたりプレイが可能になる「アーケードスティック」や「コントロールパッド」も発売。さらに、ゲーセンそのままの雰囲気を再現できる「ゲームセンタースタイルキット」も同時発売されるのだが、それに加えて、今回の「東京ゲームショウ2020オンライン」で新たに2Pカラーバージョンの「アーケードスティック」と「コントロールパッド」も発売されることが明らかになった。こちらはかなり数が少ないようなので、早めに予約をしておくのがいいだろう。

「アストロシティミニ アーケードスティック 2Pカラーバージョン」。ピンクはその名の通り2P側の色に採用されていたものだ。

また、試遊でプレイ出来なかったが、全36タイトルに加えて「ドットリ君」も収録されることが決定している。こちらは「アストロシティ」のダミー基板で付属していたものだが、内容は「ヘッドオン」や「パックマン」のようなドットイートゲームだ。

……ということでやや前置きが長くなってしまったが、今回はこの先行体験の模様をレポートしていく。

■小さいながらユーザービリティが高い筐体

本物の「アストロシティ」は初の樹脂筐体として登場したものだが、この「アストロシティミニ」もオリジナル同様の樹脂が採用されている。そのためもあってか、全体的な質感はまさにオリジナルをそのまま小さくしたような印象だ。

ちなみに、今回試遊で遊ばせてもらったバージョンよりも、製品版では素材のランクがあがり、より本物に近いものになるとのこと。実際の筐体はタバコのヤニなどで変色している場合もあり、人によっては異なる印象を持つかもしれない。だが、あくまでも新品の状態はこうだったというのを体験できるという意味でも貴重だ。

こうしたミニ筐体で気になるのは、やはり操作性だろう。この点については、まったくといっていいほど問題はない。むしろ、レバーやボタンの感覚など小さいながらオリジナルに近い感じがするほどのクォリティである。

本体背面には、電源ボタンのほか、HDMI端子やUSBポートなどが用意されている。よくあるminiHDMIなどではなく、通常サイズのものが利用出来るのは嬉しいところだ。USBポートがふたつあるが、こちらは別売りの「アーケードスティック」や「コントロールパッド」を繋ぐためのものである。

本体と外部コントローラーがあればふたりでプレイは可能だが、同一環境で遊びたいときはこの仕様のほうが便利だ。ちなみに、このUSBポートに接続できるコントローラーは、基本的にはオフィシャルのものだけに対応しているとのこと。

こちらが本体の背面。黄色い部分が電源だ。その隣にHDMIやUSBポートなどが並んでいる。

HDMIに接続することで、ディスプレイなどで迫力ある映像でゲームを楽しむことができる。出力されている映像は720pだが、大画面で見ても十分すぎるぐらいに美しい映像でゲームを楽しむことができた。ちなみに、HDMIを接続している間は本体側には音や絵は出力されないおなじみの仕様だ。

ポップなグラフィックで人気となった「ファンタジーゾーン」。

コントローラー部分には、「CREDIT」ボタンと「START」ボタンが設置されている。こちらはゲーム中の操作のほか、このふたつをプレイ中に同時押しすることでゲームを中断してメニューを表示することができる。アーケードゲームでありながら、プレイ中のゲームセーブすることが可能だ。また、メインメニューに戻って別のゲームを選択することもできる。

収録タイトルばかりに目が行きがちだが、実際に触ってみると細部にわたりユーザーに配慮して作られていることがわかる。

■美しすぎる初代「バーチャファイター」に感動!

アーケードゲームは、「メガドラミニ」のようにひとつのハード上でソフトが動いているわけではなく、それぞれ異なる基板が採用されている。そのため、元になる基板は世界中から集められている。基板に関しては、断片的に保有されていたものの、今回の「アストロシティミニ」で揃えたいタイトルや求めているバージョンがなかった。だが、データだけよそから提供してもらって作るというのも変な話しだ。

これには、単純に今回の企画のため必要だったというのも理由のひとつではあるのだが、セガトイズはおもちゃ屋でハード屋でもあるため、自分たちでこうした資産をしっかり所有して管理していくということも目的に含まれているとのだ。