ロアッソ、連勝ストップ G大阪U─23に0─2

©株式会社熊本日日新聞社

【熊本-G大阪U-23】0-2で敗れ、肩を落とし整列する熊本イレブン=パナソニックスタジアム吹田

 明治安田J3第18節最終日は27日、各地で8試合があった。2位のロアッソ熊本は大阪府吹田市市のパナソニックスタジアム吹田でG大阪U─23と対戦し、0─2で4試合ぶりの黒星を喫した。通算成績は12勝2分け4敗の勝ち点38。前日に勝利した首位秋田との勝ち点差は5に広がった。

 熊本は前節まで出場停止だった高橋利樹が3トップの中央に復帰し4─3─3の布陣を敷いた。前半は、39分のFW谷口海斗、44分のDF石川啓人のシュートがいずれもクロスバーをたたくなど相手を圧倒したが、無得点で折り返した。

 後半13分に相手DFにミドルシュートを決められ先制を許すと、40分にもカウンターから追加点を決められた。

 他会場では3位長野が鹿児島に3-0で快勝し、熊本との勝ち点差を3に縮めた。沼津を3-1で下した岐阜が勝ち点31の4位に浮上した。

 次節の熊本は10月4日午後3時から、えがお健康スタジアムで4位岐阜を迎え撃つ。