いよいよ明日配信される「原神」の最新情報が発表!☆4シャンリンが獲得できるイベントや未発表の新キャラ情報も【TGS2020】

©株式会社イクセル

miHoYoは、本日9月27日に東京ゲームショウ2020 オンラインの公式番組内で「TGS2020 原神リリース前夜!特別放送!」を配信した。

「原神」は、アニメのようなハイエンド3Dグラフィックとオープンワールドが特徴の新作RPG。PS4/Nintendo Switch/PC/スマートフォンでのマルチプラットフォーム展開で、プレイヤー1人で広大な世界を探索するだけではなく、マルチプレイでフレンドと共に冒険を楽しむことができる。

本番組では、いよいよ9月28日に正式リリースされる本タイトルの魅力が紹介。ゲストとして、男性主人公役の堀江瞬さんも出演し、ゲーム紹介や実機プレイ、リリース当日情報などが公開された。

まずは運営チームより、本作の概要が紹介された。本作のプラットフォームはPS4/PC/スマートフォンとなっており、Nintendo Switch版も後日リリース予定となっている。プレイ料金は基本無料で一部課金アイテムが存在する。

本作はクロスプレイに対応しており、さらにPC/スマートフォン間であればプレイデータを共有することができる。PS4ではデータ共有はできないが、リリース時に限定アイテムがプレゼントされる予定だ。

ゲームの世界観は以下のようになっている。ここで登場する双子の兄妹が主人公キャラクターとなり、どちらかを選択することになる。男性主人公と女性主人公でストーリーにも違いがあるそうだ。

続いてゲームの特徴が紹介された。本作はオープンワールドのゲームになっており、シームレスなフィールドを走ったり、登ったり、泳いだり、飛んだりと、様々なアクションで自由に移動することができる。

バトルは最大4人のキャラクターでパーティーを組んでキャラクターを切り替えながら行う。7つの元素とその元素反応を駆使した新感覚バトルが特徴だ。

元素とは、炎や水、風といった7つの属性でそれぞれに特徴的な効果がある。そして、それらを掛け合わせることで、さらに特殊な反応「元素反応」が起こるという仕組みだ。例えば草の元素に炎の元素を掛け合わせると敵を燃やせたりと、組み合わせ次第で戦略的なバトルが楽しめる。

ストーリーはアニメ調の3Dグラフィックと豪華声優陣のフルボイスで展開。ドラマチックなシナリオにも注目だ。

続いて実機を用いたゲームプレイも公開。フィールドはシームレスに移動が可能となっている。フィールドにある像を調べることでファストトラベルが解放され、マップの移動が便利に。また、この像にアイテムを奉納することでスタミナの最大値などを上げることが可能だ。

本作はフィールドの自由度が高く、崖や壁などもスタミナゲージを消費して上ったりすることが可能だ。さらに高台から滑空することもできる。

キャラクターの切り替えはフィールド上で自由に行えるようだ。キャラクターごとに得意な属性があるのでキャラクターを切り替えて元素反応を起こすといったプレイングも。実機プレイでは、炎属性のキャラクターで炎を付けて、風属性のキャラクターで炎を拡散する様子などが確認できた。

フィールド以外の街の様子も紹介。本作の世界には7つの街が存在し、リリース時には2つの街が解放されている。

フィールド内にはダンジョンの入り口が至る所にあり、ダンジョンでは強力な敵とのバトルや謎解きが楽しめる。ボスとのバトルでも元素反応はしっかり起こるようで、水属性を付着させて氷属性で凍らせるといったテクニックも披露された。

実機プレイ終了後、明日より開始する本作のキャンペーン情報が公開された。まずは実施中の事前登録が全世界1000万人を突破したことを記念して、様々なアイテムが配布される。さらに冒険ランク7を達成すると、ガチャ10連分のアイテムが追加で手に入るとのことだ。他にも、初心者応援祈願の初回10連では☆4ノエルが必ず獲得できる。

リリース日となる9月28日からはイベント「万民同行」も開催決定。「深境螺旋」というエンドコンテンツを特定層までクリアすることで火属性のキャラクター「シャンリン」が獲得できる。

PS4やアクリルスタンドなどが当たるTwitterキャンペーンも開催。こちらの詳細は9月28日に公式Twitterで公開されるようなのでチェックしておこう。

番組の最後には今後実装を予定している新キャラクター情報も公開された。剣を使って戦う「ダインスレイヴ」で、CVは津田健次郎さんが担当する。ゲーム内に登場するのは、もう少し先になるそうなので、こちらの続報にも期待しよう。

アーカイブ
https://youtu.be/9qjhXDTVbWQ

(C) miHoYo Inc.

原神の情報を見る