自他共に認めるイケメン好き…見た目を重視しすぎて何度も失敗しています(31歳・販売)

©株式会社オールアバウト

お悩み:婚活中、男性の見た目を重視しすぎて、何度も失敗しています

男性の見た目でアリナシを判断してしまう。結局付き合うのはイケメンだけどモラハラだったりケチだったりというダメ男ばかりで、このままではいけない……。ここでは、イケメン好きな女性や、ついダメな男性を引き寄せがちな女性が、婚活中に心がけるべきことについてお話しします。

コーヒー豆さん(31歳、販売)のお悩み

私は自他共に認める、イケメン好きです。これまで付き合った人は、かっこいい人ばかりでした。ただ、いいのは見た目だけで、モラハラ気質だったり、ものすごくケチだったり、何かしら大きな難点を抱える人だった……というパターンがあまりにも多く、自分の見る目のなさに危機感を覚えています。

将来的には結婚もしたいので、長く付き合って、生活を共にできる人とお付き合いしたいです。でも実際、合コンや街コンに行くと、見た目でアリナシを判断してしまう自分がいて、情けないです。

どうしたら人を外見ではなく、中身で判断できるようになるでしょうか。

回答者:島田佳奈さん

「本能のままに恋愛を楽しもう」がポリシー! 奔放な恋愛経験を元に語る“女豹”ライター。モデル・OL・キャバ嬢・バイヤー・広告代理店・SE等多彩な経歴ののち、作家に転身。『人のオトコを奪る方法』『アラフォー独女の生きる道』他著作多数。奔放な恋愛経験と独自の恋愛観が好評。

アドバイス1:イケメン好き=悪ではない!

外見重視で人を好きになること自体は、まったく問題ないですよ。

結婚して子供を産むという可能性を考えたとき(コーヒー豆さんが妊娠・出産を希望しているかどうかはさておき)、子供の父親の容姿が整っていたほうがいい、と考える人もいるでしょう。それも悪いことではありません。

それに、外見で異性を選ぶ人は、案外多いもの。「イケメン」の基準が人それぞれ違うため、周りからはわかりにくいだけのことです。

ただし「イケメンだから、これくらい目をつぶらないと」という考えはNG! くれぐれも、自分の気持ちを殺さないようにしましょう。

アドバイス2:自分と生きるステージが違う人とは出会えない

世の中って不思議なことに、生きるステージの違う相手とは出会えないもの。たとえ出会っていたとしても、縁が深くなることはありません。相手から「また会いたい人」だと思われないから、進展しないんですよね。

イケメンかつ性格もいい人と出会うためには、自分自身も、彼らと同じステージの人間になることが大前提です。

今のコーヒー豆さんは、モラハラやドケチといった「搾取系」の男性を引き寄せがちとのこと。

モラハラをする人(搾取する人)は、誰に対してもモラハラという訳ではありません。「この人なら大丈夫」という相手にだけ、モラハラを行います。

つまり彼は、コーヒー豆さんのことを「モラハラしてもいい女性」と思っているのです。同時にコーヒー豆さんも、心のどこかで自分自身を「モラハラされても仕方のない、ダメなやつ」だと思い込んでいるのではないでしょうか。

誤解のないように言っておきますが、モラハラは「モラハラをする人」が100%悪いのであって、される人に非はありません。されて当然な人間も、存在しません。

そういう人を引き寄せてしまうのは、モラハラ彼と同じステージにいるから。内面を変化させ、異なるステージに移れば、搾取するタイプの男性を引き寄せなくなりますよ。

アドバイス3:今すべきことは、自分を大切にすること

モラハラされないためには、どうすればいいのでしょうか? 簡単です。自分を大切にし、「私はモラハラをされてはいけない人」としっかり認識すればいいのです。

今後、もしひどいことを言われたら、「なんでそんなことを言われなきゃいけないの?」と、断固として抵抗してください。ハッキリ言わないまま相手の要求を受け入れてしまうから、相手が段々とエスカレートしてしまうのです。

今コーヒー豆さんがすべきことは、「相手を中身で判断できるようになりたい、と悩むこと」ではなくて、「自分で自分を大切にして生きると決める」こと。

自分自身を大切にしていれば、相手からも大切にされるようになります。次はきっと、イケメンで心も綺麗な人と出会えるはずですよ。

(文:All About 編集部)