【RIZIN】皇治「効いてない」発言も那須川天心のテクニック称える

©株式会社ヨシクラデザイン

会見に出席した皇治

 9月27日(日)にさいたまスーパーアリーナで開催された『RIZIN.24』で那須川天心(TARGET/Cygames)に判定負けを喫した、皇治(TEAM ONE)が試合後の会見に出席した。

 今大会で、皇治はK-1から移籍後の初戦に挑んだが、那須川の多彩な蹴り技や左ストレート、ヒザ蹴りを浴び、判定負けを喫した。那須川の殺傷能力の高い打撃に、ダメージこそ感じさせたが、最後まで立ち続けた皇治は、試合後のインタビューで何を語るのか。

「上手かったですね」と率直に那須川戦を振り返った皇治。RIZINのリングは「最高でした。K-1もですけどトップ2は素晴らしいなと思いました。(今後は)何も考えてないですけど、負けたので言うこと無いですけど、、ちょっと女の子にも癒してもらおうかなと思ってます」とジョークめかして、話す。

那須川の左のヒザ蹴りがヒットする

 笑顔を見せた皇治だが、参戦にあたり「RIZINに殴られに来たわけじゃないので、『(ファンからは)良く倒れないね』と言ってくれているみたいですけど、そんなの当たり前の話で、それ以上の結果を出せなかったので、素直にがっかりしています」と、落ちこんでいる様子。

「ダウンを取られなかったが」という記者からの問いかけにも「ダウン取られない競技じゃなくて、倒す競技なので、倒れないのは当たり前です」とコメント。皇治としては「もっと殴り合いたかった」との思いもあったが、那須川のテクニックが「上手かったですね」と相手を称えた。

右ローを放つ皇治(右)

 試合でのダメージに関しては「K-1では記憶飛んだとか言ってましたけど、(今回は)しっかり覚えています。効いたか効いてないかでいうと、効いてないです。3Rはあっという間でしたね。全然疲れてないので、悔しくて情けないです。全部出しきれなかったのは、天心君の上手さなので」と効かされた場面はなかったものの、スピードに翻弄された結果となった。

 今後については「格闘技をするなら、強くなることだけ考えますし、格闘技をしないなら金稼ぐことを頑張ればいいと思いますし、これからも頑張ります」と言うも明確な目標は口にしなかった。