『半沢直樹』“花”上戸彩「生きていれば何とかなる」に反響「胸に刺さる」

©株式会社マイナビ

俳優の堺雅人が主演を務めるTBS系日曜劇場『半沢直樹』(毎週日曜21:00~)の最終回が27日に放送され、半沢直樹(堺)の妻・花(上戸彩)の言葉が感動を呼んでいる(以下、ネタバレを含む)。

箕部幹事長(柄本明)、中野渡頭取(北大路欣也)、大和田取締役(香川照之)に対して、「1000倍返し」を宣言した半沢だが、人事部からの電話で自身への処分を覚悟。花が「何かあった? また出向的な?」と尋ねると、「出向どころじゃ済まないかもしれない。ごめん」と謝る。

すると花は「そっか。だったらいっそのこと辞めちゃえば? 銀行員だけが仕事じゃない。そりゃ再就職なんて簡単にはできないかもしれないけど、その間、私が稼ぐから。どう?」とまさかの提案。半沢は「え!?」と驚きつつ、「花ちゃん」と感動した表情を見せる。

さらに、花は「もう頑張らなくていいよ。直樹は今まで十分すぎるくらい頑張った」などと言葉をかけ、ハグをしながら「直樹、今までよく頑張ったね。ありがとう。お疲れ様」とねぎらう。そして、「っていう気持ちでいれば、とりあえず少しは気が楽になるでしょ? 仕事なんかなくなったって生きていれば何とかなる」と伝えると、半沢は「ああ」としっかりとその言葉を受け止めた。

花の言葉に、SNS上では「花ちゃんの言葉……『生きていれば何とかなる』いろいろ刺さるね。自分も頑張らなきゃ」「花ちゃんの、生きていれば何とかなるが今日の名言」「今日この言葉は染みる…」「花ちゃん・・・最高や」「すごい胸に刺さったな」「花ちゃんの言葉に、不覚にもボロボロと泣いちゃったよ」などと多くのコメントが上がっている。

(C)TBS