<連載⑤>【動画あり】フジ女性アナカレンダー2021~永尾亜子アナ

©株式会社フジテレビジョン

10月6日(火)より、「フジテレビ女性アナウンサーカレンダー2021~Welcome to Fujitelevision~」が発売される。

第8弾となる2021年度版は、「フジテレビへようこそ! がテーマコロナ禍ということもあり、すべてフジテレビ社屋でロケを敢行した。

今回は、入社9年目の宮澤智アナウンサーを筆頭に、永島優美アナウンサー、宮司愛海アナウンサーら後輩アナ全員が参加。総勢17人の女性アナウンサーが華やかに登場する。

アナの素顔が垣間見られる撮影レポを紹介!

また、制作は、三上真奈アナウンサーが統括、杉原千尋アナウンサーが衣装担当として初めてプロデュースに挑戦。

コンセプトや撮影場所、スタイリングやメイクに至るまで、普段テレビには映らない女性アナウンサーの魅力、さらには撮影場所となるフジテレビの魅力を最大限表現すべく、愛情たっぷり意欲的に制作に携わった。

フジテレビュー!!では、2日間にわたって行われたカレンダー撮影をwebメディアとして独占取材。その模様を月別に紹介する。

昨年の<連載>密着!フジ女性アナカレンダー2020の記事はこちらから!

<5月 永尾亜子@フジテレビ湾岸スタジオ メイク室>

5月を飾るのは、入社5年目の永尾亜子アナウンサー。ロケはフジテレビ湾岸スタジオのメイク室で行われた。

メイク中の様子が鏡に写るシチュエーションの撮影は難しく、自分たちが鏡に写りこまないようにカメラマンやスタッフは四苦八苦。しかし、永尾アナはさわやかなシャツワンピースの衣装同様に、涼しげな笑顔で撮影を楽しんでいる様子。

「朝のメイク支度」がテーマということもあり、「寝癖感がほしい」と言う杉原アナのリクエストによって作られた自然なウェーブヘアについて、「実際はこんなかわいい寝癖じゃない(笑)」とこぼす永尾アナ。

鏡の前に置かれるメイク道具の見え方にもこだわりを見せる杉原アナから 「もっと雑多な感じがいいかな」「スプレー缶も置こうか」などと、細かい指示が飛ぶ。そして、並び替えるたびに自らスマホで写真を撮り、カレンダー撮影を統括する三上アナに送って確認…を繰り返す様子から、妥協を許さないクリエイティブな姿勢が見られた。

三上アナに電話で確認をする杉原アナ

なかなか「これ!」というカットが決まらず、メイクブラシを顔にあててみたり、色とりどりのメイクパレットを手にしてみたり、工夫を凝らして杉原アナの指示に応える永尾アナ。まるで鼻歌でも聴こえてきそうなニコニコ笑顔で、鏡に向かう。

そして、左手を顔に添えた瞬間に杉原アナが「亜子さん!めっちゃいいですね!」と声を上げる。手の位置が決まると永尾アナも自然でキュートな笑顔を連発し、スタッフからも「かわいい!」と歓声が。

そこからは、「前髪のカーラー取ったらどうなる?」「前髪上げてるのもいいね!」「立ち姿もかわいい!」と杉原アナのディレクションにも一層力が入る。

撮影を終えて、その出来の良さに使用カットを迷う杉原アナが、「亜子さん、鏡越しと振り返ったカットどっちがいいですか?」と尋ねると、「私は何でもいいのよ♪」と、永尾アナはにっこり笑顔を見せた。

<永尾亜子アナ コメント>

もう気づいたらカレンダー撮影の季節になっていたのですね…。個人的には今回着たようなストライプのシャツが好きで、プライベートではこういうファッションをすることが多いのですが、仕事でも着られてうれしかったです。ヘアメイクも自分でするのとはさすがに違いますね、なんだか顔に立体感がある気がします(笑)。

メイク室は、朝の番組を担当していることもあり、寝起きのスッピン状態からキレイにしてもらうことで「今日も1日頑張ろう」と自分の気持ちが切り替わる、私にとって大事な場所です。撮影は「笑顔で」と言われていたので、自然な笑顔を作るために、メイク室で先輩や後輩と楽しく会話をしながらメイクをしている状況を頭に思い浮かべながら挑みました。

今回のカレンダーはすべて社内で撮影されるということで、私たちが普段過ごしている仕事場に遊びに来たような雰囲気を楽しんでもらえたらうれしいです。

<「女性アナカレンダー2021」を動画でPR>

<カレンダー概要>

「フジテレビ女性アナウンサーカレンダー2021~Welcome to Fujitelevision~」
■販売価格:2,300円(税別)
■発売日:10月6日(火)より全国書店にて販売開始予定
※フジテレビショップでは10月5日(月)より先行販売予定/フジテレビ公式通販サイト「フジテレビe !ショップ」では、現在、予約受付中!
■販売場所:フジテレビショップ、フジテレビ公式通販サイト「フジテレビe !ショップ」、全国書店他