25歳・松井秀喜の打撃が突如狂った。「変えない男」が「変える」決断をしたとき /元読売巨人軍、チーフスコアラー・三井康浩

©株式会社マイナビ

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)第2回大会で日本代表の優勝を支えた伝説的スコアラーとして知られる三井康浩氏は、選手として入団した読売巨人軍に引退後も残り、スコアラー、査定担当、編成担当などと役割を変えながら40年にわたり在籍した。目の前を通り過ぎていった選手は数知れず、選手たちの苦闘を見つめ続けてきた「観察者」でもある同氏に、知られざる選手の姿を聞くインタビューは、豪快かつチャンスに強い打撃で日米のファンを熱狂させた、「ゴジラ/GODZILLA」松井秀喜について。

揺るがない自らのスタイルを確立させ、立ち向かってくる投手を粉砕し巨人の4番に君臨した松井に経験したことのないスランプが訪れた。25歳の春の出来事だった。

■「変えてみる」ことをあまりしなかった松井秀喜

1990~2000年代のプロ野球を牽引したスター、松井秀喜。1992年、夏の甲子園では相手バッテリーから5打席連続敬遠という空前絶後の警戒を受け、同年秋のドラフト会議では、待望の球界復帰を果たした長嶋茂雄監督に見事交渉権を引き当てられ巨人軍に入団する。

2年目で主軸に、3年目にして巨人軍の4番打者も経験する。10年間で本塁打王と打点王を各3回、首位打者も1回獲得。その後はFAでニューヨーク・ヤンキースに移籍。巨人同様に伝統を備え、関係者やファンから厳しい視線を注がれるチームでレギュラーをつかみ、2009年にはワールドシリーズMVPを獲得するなど、MLBに挑んだ日本人野手としては最高レベルの活躍を果たした。

——松井選手が日本でプレーした10年は、三井さんがスコアラーとして手腕を発揮した時期とほぼ重なるかと思います。その進化を近い距離で見てきたと思いますが、松井選手が入団してきたときの印象はどのようなものでしたか?
三井 率直に「こいつ、すげえな」と(笑)。存在感が他の選手とはあきらかにちがうと感じましたね。あちこちからものすごく注目されながらも、それを意に介さないふてぶてしさがあってね。本当に堂々としたものだった。ただ、プロ野球選手としては不器用な打者だなという印象も持ちました。

——確かに豪快ですし、どちらかといえば無骨なイメージがありますが、松井選手は「不器用な」打者だったのですか?
三井 選手のなかには、苦手な投手や球種に対応するためにフォームやスイングを変えて対応できる器用なタイプがいます。でも、松井はそれができるほうではなかった。あまり自分のスイングを変えたがらず、ひとつの理想を描きそれを目指し続けるタイプでした。フォームやスイングを変えながらもそれなりに打ててしまう打者は、本格的なスランプにおちいったときには迷路に迷い込みやすい面もあります。

いろいろなことを試したくなってしまうので、答えにたどりつくまでに長い時間がかかってしまうのです。その点、松井のようないつでも同じ打ち方をする打者は迷いようがない。超一流というのはそういう打者が多いように思います。それこそ、王貞治さんなども一本足打法にしてからはほぼ同じフォームを貫いて大記録を打ち立てていますよね。打ち方を大きく変えずとも成績を残し続けることができる、「器用になる必要がない」選手もいるんです。松井はそういう選手でした。

——スコアラーだった三井さんに対し、松井選手がたずねてきたことで記憶に残っていることがあれば教えてください。
三井 眼光鋭く投手を睨みつける打席での松井の姿を見て、投手との1対1の対決だけに集中する求道者のような打者だというイメージを抱いた人もいると思うんです。でも、それは少しちがう。松井は自分の打ち方を変えることには積極的ではありませんでしたが、いろいろな情報を用いた事前の準備を大事にしている打者でした。

スコアラーが見つけ出してくる投手のクセの話などにも興味を持つタイプで、たとえば当時ヤクルトにいて、のちにMLBにも挑んだ吉井理人(現・千葉ロッテマリーンズ一軍投手コーチ)のような、松井が苦手としていたような投手のクセが見つかると、すごく熱心に耳を傾けてくれたものです。

■8年目、25歳の松井の打撃が突如狂った

松井は日本での10シーズンの現役生活のうち9シーズンを長嶋監督が率いるチームでプレーしており、両者のあいだの絆は強い。三井氏はこの師弟コンビが夢中で特訓をする姿を何度も見たことがあるという。

——松井選手は新人時代から9年にわたり長嶋監督のもとで戦っていますよね。直接の打撃指導はかなりあったのでしょうか?
三井 ありました。その指導は独特なものでした。監督室や遠征先のホテルで、電気を消し真っ暗にした空間で松井がスイングをして、その音に対し長嶋監督が「よし!」「だめ!」とジャッジするのです。わたしも同席することがあったのですが、「よし」とするのはピュッという響きの高い音。ブーンという鈍く低い音がすると「だめ」といっていましたね。

音でスイングを磨くこの練習は、かなり長い期間続けていたように思います。松井は自分の感覚を大事にする打者でしたが、長嶋監督のアドバイスは彼の感覚と重なる部分があったのではないでしょうか。松井はひとりのときにも取り組むようになっていて、わたしは松井に頼まれて、夜の11時から朝の5時までこの練習に付き合ったこともあります。

——6時間も! 鬼気迫るものがありますね。常人では立ち入ることのできない、感覚的な領域のトレーニングだったんでしょう。そんな松井選手ですが、スランプというものにおちいったことはあったのでしょうか?
三井 彼の日本での成績を見てもらえばわかると思いますが、10年で通算打率.304、332本塁打。新人時代を含めて平均しても「3割・30本」をクリアするわけですから、シーズンにおいて大きなスランプはなかったというべきです。ただ、松井が心から苦しんだ時期が一度だけあったんです。松井が8年目、25歳で迎えた2000年のシーズンのキャンプからオープン戦の期間は、すべてが狂ったかのように打撃がおかしくなった。

自分で考えることが多かった松井ですが、このときばかりは周囲に相談を持ちかけていて、当時の一軍打撃コーチだった武上四郎さんと内田順三さんはもちろん、スコアラーであるわたしたちまで参加して原因を考えました。でも、まったくその原因がわからない……。

——松井選手はその前の年(1999年)には、ホームランをキャリア初の40本台に乗せていますし、意気揚々と次のレベルに向かっていた時期かと思うのですが、そんな壁があったとは。
三井 打者というのは不思議なもので、そういう変化が突然起こることがあるんですよね。松井は高校を卒業してプロ野球選手になり、尻や太ももなど下半身を中心に年々身体が大きくなっていました。そのフィジカルの変化が、打撃になんらかの影響を与えたのではないかとわたしは見ています。

■「クロスステップ」を受け入れ不振を脱出。松井は新境地へ

順風満帆のプロ野球人生を歩んでいた松井が、突如おちいったスランプ。理想の打撃を貫き、「変えない」ことを強みとしてきた男が、ついに自分の打撃を変える決断を下すときが訪れる。

——そんなスランプにおちいっていたなんて、誰も気づいていなかった可能性はありますよね。キャンプやオープン戦は調整期間だと考えるのが普通ですし、多少打てないこともあるだろうと思って見ていますから。

三井 そうだと思います。それこそ、毎日のように松井の打撃を見ている新聞記者ですら気づいていなかったはずですよ。でも、松井は相当悩んでいたようで、朝から晩まで猛烈にバットを振り続けていました。ある晩、宿舎のわたしの部屋にきて「三井さん、なにかいい案ない?」と聞いてきたんです。「あのゴジラがそこまで悩んでいるのか」と、悩みの深刻度を知ったわたしは、武上、内田両コーチに相談しながらひとつの提案をしました。

——それはどのようなものだったのでしょうか?
三井 打者はバットを振るとき、投手側の足を踏み込み、踏ん張り、腰を回転させます。この踏み込むときの足の位置をやや内側、ホームベース側にしてみてはどうかという提案です。「クロスステップ」と呼ばれるものでした。内側に踏み出すと、まっすぐ踏み出す場合に比べて、バットがわずかに遅れて出てくるようになります。

これが間合いを生みだすのです。調子を落としていた松井は、ほんの少し早いタイミングでボールを打っているように見えました。ステップを変え、間合いを生み出すことで、適切なタイミングでボールを打てるのではないかと考えたのです。

——踏み込む足の位置を変えて、タイミングの微調整を図った。
三井 松井は不器用といいましたが、タイミングを合わせるのもそこまでうまいほうではなかった。そこをカバーできると思ったわけです。また、もうひとつ期待したのが、「壁」がより強固なものになること。打者がボールを打つときには、前足でしっかりとグラウンドを踏み込み、これを軸に腰を回転させます。この軸がしっかりしていないと、腰の回転で生まれる力を効率よくボールにぶつけることができません。

軸がしっかりしている状態を「壁ができている」といいますが、クロスステップにすればこの壁がより強いものになり、打球に力強さが生まれると考えました。このプランは功を奏し、開幕直前になって松井は息を吹き返しました。それどころか、左右両方向にそれまで以上に強い打球が飛ぶようになり、さらに相手チームに脅威を与える打者に進化していきました。結局、2000年のシーズンは全試合で4番打者を務め、チームは日本一に。本塁打と打点の二冠王にも輝きました。

——あまり打撃を変えなかった松井選手が、変えることで成功をつかみとった。
三井 彼にとっては、大きな変化だったと思います。ただ、この話には続きがあるんです。松井は3年後にニューヨーク・ヤンキースに移籍するのですが、それからまもなく、わたしのところにメールがきたんですね。そこには、「三井さん、クロスステップやめてもいいかな?」と書かれていました。

日本よりも球威のある投手が多いMLBでは、クロスステップで打ちにいくと差し込まれてしまうというのが理由でした。メールを受け取ったわたしは、「まだ、あのステップを意識していたのか!」とびっくりするとともに、一度自分のものにした打撃は簡単には変えない、松井という打者の筋金入りの我慢強さにも驚嘆したものです。

構成/岩川悟(合同会社スリップストリーム) 取材・文/秋山健一郎 写真/石塚雅人

三井康浩

みついやすひろ