【例文あり】11月の季節の挨拶 - ビジネスでも使える挨拶文の書き方

©株式会社マイナビ

11月には文化の日や立冬、七五三などのさまざまなイベントが控えております。

年末に向けて仕事もプライベートもまとめに入る時期、お礼状やお祝いなどで手紙を送る機会も多いでしょう。手紙を書くにあたっては、季節の挨拶を盛り込むことが求められます。

本記事では11月に送る手紙の書き方や季節の挨拶についてくわしくご紹介します。ビジネスレターはもちろん、カジュアルなおたよりでも、正しい手紙の書き方を踏まえて送るように努めましょう。

「11月」の表現方法

手紙を書く際は、文の冒頭や結びの部分に季節の挨拶をするのが正式です。まずは11月らしい季節の表現について知っておきましょう。

暦からみる11月「霜月」

11月は霜月(しもつき)とも言われ、朝晩の気温が下がり、霜がみられるようになる時期です。1年を24分割した「二十四節気(にじゅうしせっき)」では、毎年11月7日ごろに「立冬(りっとう)を迎え本格的に冬が始まります。

また、わずかながら雪が降り始める11月22日ごろを「小雪(しょうせつ)」と言います。雪が降っても積もるほどではなく、ときおり暖かくなり小春日和となることもあります。

11月のおもな風物詩・イベント

11月のイベントには、七五三や勤労感謝の日などがあります。

また、神社でその年の収穫に感謝する新嘗祭(にいなめさい)やボジョレー・ヌーヴォーの解禁日、いい夫婦の日、秋の全国火災予防週間などを引き合いに季節の挨拶を考えることも可能です。

11月の身の回りの様子

そのほか、11月を思い起こす言葉にはさまざまなものがあります。

  • 食べ物 : みかん、りんご、ゆず、柿の実など
  • 自然 : 銀杏、落ち葉、さざんか、木枯らし、霜、吐く息の白さなど
  • 家のなかの様子 : ストーブ、こたつ、ヒーターなど

ビジネスでも使える! 11月の季節の挨拶

ここではビジネスレターなどでも用いられる11月の一般的な季節の表現を紹介します。

季節の挨拶の選び方

ビジネスレターのようにかしこまった手紙の場合は、月ごとの定型句を用います。 季節の挨拶に「~の候」「~の折」「~のみぎり」などと組み合わせると、漢語調にまとめられて表現できます。フォーマルな挨拶として、目上の方や取引先など、改まった手紙に用いられる表現です。

ただし、それだけではやや事務な印象を与える場合があるため、自分が感じた表現を季節の挨拶に盛り込むことも大切です。

11月全般「菊花」「霜月」

菊は11月に見ごろを迎えるため、11月らしい季節の挨拶として「菊花の候」「菊花薫る季節」などと用いるとよいでしょう。また、霜が降る時期を表現した「霜月」も使えます。

例文 : 菊の花が香る季節となりましたが、……
例文 : 霜月の候、日を追うごと冷え込みが増していきますが……

11月上旬「晩秋」「紅葉」

11月上旬は、朝晩は大分冷え込むもののまだ完全に木々の葉が落ち切っていないことが多いです。そのため秋の終わりとして「晩秋」や「紅葉」の表現が使えます。

例文 : 晩秋らしい寒さを感じることも増えてきましたが、……
例文 : あざやかな紅葉も見ごろを迎えていますが、……

11月中旬「落葉」「立冬」

11月中旬は「落葉の候」「落葉舞うころ」「落ち葉が散りゆく時節」と木々の様子を示したり、毎年11月7日ごろの「立冬(りっとう)」をそのまま使ったりできます。

例文 : 落葉が舞い散る季節になりましたが、……
例文 : 立冬を迎え吐く息が白くなることも増えてきましたが、……

11月下旬「霜秋」「向寒」

「霜秋(そうしゅう)」「秋霜(しゅうそう)」は秋が深まり朝晩に霜が降りる様子を表した言葉で、「向寒(こうかん)」は日増しに寒くなる様子を表現できます。

例文 : 霜秋の候、行く秋が惜しまれる日々ですが、……
例文 : (結びの文として)向寒の折、皆さまのご健康を心よりお祈り申し上げます。

その他の季節の挨拶

11月の季節の挨拶で使える表現はほかにも「初霜」「季秋」「秋霜」「霜寒」「深秋」「霜冷」など、たくさんあります。

親しい相手へのカジュアルな手紙の場合は、慣用表現に限らず、自由な発送で季節の挨拶を表現しましょう。

例文 : 近くの○○神社が七五三参りでにぎわっている様子をみて、冬の訪れを楽しみにしていますが、皆さまはお変わりありませんでしょうか。
例文 : 寒さが深まりつつあると感じていましたが、今朝はついに車のフロントガラスが凍りました。○○様はお風邪など召されていませんでしょうか。

11月の挨拶文の書き方と例文

ビジネス上のやりとりをする場合は、正しい手紙の形式を踏まえて季節の挨拶を盛り込むことが大切です。正しい手紙の書き方と手紙の例文を目的別にご紹介します。

正しい手紙の書き方

手紙の書き方は以下のように形式が決まっています。

  • 前文 : 頭語・季節の挨拶
  • 主文
  • 末文 : 結びの挨拶、結語
  • 後付 : 書いた日付、差出人、宛名

季節の挨拶のあとには、相手の健康や繁栄を気づかう表現を盛り込みます。その際にそのため「~お元気でしょうか。」と疑問調にするのではなく「~お元気のことと存じます。」と確信する表現が正式です。

後付は、はがきなどスペースに限りがある場合には省略することもできます。

さらに、頭語と結語は組み合わせが決まっています。

  • 頭語「拝啓」、結語「敬具」
  • 頭語「謹啓(きんけい)」、結語「謹言(きんげん)」※丁寧な手紙の場合

季節の挨拶を省略する場合も

親しい方へあてた手紙の場合は、季節の挨拶が割愛できます。また、おわびやお見舞いの場合は、早く本題に入ることが大切なので、季節の挨拶は不要です。

季節の挨拶を省略する場合は、頭語が「前略」、結びの言葉が「早々」などとなります。

【例文①】11月上旬に送る「お礼状」

取引先との信頼関係を築けるような文章を書きます。主文には感想などを盛り込むことが大切です。翌日などできるだけ早く投函すると好印象です。

拝啓
末枯野美しき晩秋の候、皆様におかれましては、ますますご健勝にお過ごしのことと存じます。

さて、先日はご多用のところ弊社までお越しいただき、誠にありがとうございます。
……
その他、何かお困りのことがございましたら、いつでもご相談いただきますようお待ちしております。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

末筆ながら貴社の一層のご発展を心よりお祈りいたしております。
あざやかな紅葉の季節、どうぞお健やかにお過ごしください。

敬具

【例文②】11月中旬に送る「お祝い状」

お祝いをする場合は、できるだけ早く祝意を伝えることが大切です。お祝い状の内容は、相手の今までの検討をたたえる内容や今後の期待などが向いています。

拝啓
向寒のみぎり、お元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。
さて、このたびはめでたく○○会社を設立されたとのこと、心よりお祝い申し上げます。

これほど早くご開業の夢が実現されましたのは、○○様の努力とお人柄あってのことと存じます。

まずは書面にてお祝いとさせていただきます。年末に近づき、仕事も一段と忙しくなる時期かと思いますが、無理をしすぎることなくお体を大切にお過ごしください。

敬具

【例文③】11月下旬に送る「依頼状」

取引先へ手紙を送る場合には、日ごろ気にかけていただいていることについてお礼の気持ちを添えると印象がよくなります。

拝啓
初霜の候、貴社いよいよご隆盛のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご厚誼にあずかり厚くお礼申し上げます。

おかげさまで、貴社にご協力いただきました製品が大変好調で、後継機種の開発が決定いたしました。つきましては、このたびの新製品においても貴社のお力添えを賜りたくご連絡を差し上げました。

お忙しいところ恐縮ですが、ご検討いただけましたら幸いです。
年末に向かい何かとご多忙のことと存じますが、今後共、ご支援ご厚情を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

敬具

【例文④】11月に送る「カジュアルな手紙」

季節感のある送りものを受け取った場合は、お礼を兼ねて季節の挨拶とすることができます。

拝啓
菊花のみぎり、皆さまお変わりなくお過ごしかと存じます。
先日は大きく真っ赤なリンゴを送っていただきありがとうございました。これから冬に向かう季節が楽しみになりました。

さて、(主文)

朝晩はめっきり寒くなり、暦の上ではもう冬です。
またお会いできるのを楽しみにしております。どうぞお体に気をつけてお過ごしください。

敬具

【まとめ】季節の挨拶を取り入れて11月らしい文章を書こう

手紙には時候(四季折々の気候)を踏まえた季節の挨拶を添えます。

季節の挨拶は、単に11月らしい表現を盛り込めばよいのではなく、その時の書き手の気持ちや相手を思いやる心から、ものがなしさを表したり冬の訪れを楽しむ表現を加えたりとさまざまな挨拶が考えられます。

手紙の基本的な形式を踏まえつつ、自分らしい文章を書くようにしましょう。