フェフ姉さん、プロキックボクサーに挑戦 地獄の日々で究極の精神状態に

©株式会社マイナビ

きょう28日に放送される日本テレビ系バラエティ番組『月曜から夜ふかし~日本の大大大問題 秋の一斉調査SP~』(21:00~22:54)では、フェフ姉さんによるキックボクシングのチャレンジに密着する。

同番組の街頭インタビューに応えた際、あまりの滑舌の悪さから「フェス」が言えずに「フェフ」となってしまい、注目を集めることになったフェフ姉さん。

以前の放送で相撲に目覚め、相撲に勝つために「1カ月間のキックボクシングジムに入門」し、見事に肉体改造に成功した。そして、宿敵、女相撲・全日本チャンピオンの12歳の女の子にリベンジを挑んだが、再び負けて涙を流していた。

あの日から5カ月、実はトレーニングとして続けていたという「キックボクシング」にハマって、プロを目指すことを決意したフェフ姉さん。キックボクシングのプロテストを受けるには、アマチュアの試合を経験し、所属ジムから受験の許可をもらわなければならないが、今のフェフ姉さんの練習量だとまず不可能ということが判明する。

「やれるところまでやってみたい」と覚悟を決めるフェフ姉さんは、3週間後に控えた「アマチュアマッチ」に向け、この日から想像を超える地獄の日々が始まった。

そして、今回もう1つの姉さんの夢である“シックスパック”もついでに目指す。フェフ姉さんの悩みは、運動している割に一向にへこまない下っ腹。そこで、プロの指導のもと、1日4分間のトレーニングを3週間続けて腹筋を割る「シックスパックプログラム」に挑戦する。はたして、酒でゆるみまくった姉さんのお腹は“シックスパック”になれるのか。

プロテストに向けて一歩一歩進むフェフ姉さん。1日に2時間、週7のトレーニングに、アスリート並みの食事制限で、究極の精神状態になってしまう。「酒」の誘惑に苦しみながらも、激しい練習に励む。なぜそこまで頑張るのか、その理由を明かす。

そして迎えた決戦の日、アマチュアマッチ本番。3週間の成果を見せる勝負のときだ。もちろんこの試合に勝つことがプロテストへの絶対条件。相手はキックボクシング歴10年だが、果たして姉さんは勝てるのか…。

番組では他にも、「桐谷さん 優待生活&マイホーム購入への道」「全国ご当地問題」「夜ふかし的ストリートミュージシャンにコラボしてもらった件」が放送される。