深田恭子主演『ルパンの娘』前作全11話を30日から再放送

©株式会社マイナビ

女優の深田恭子が主演するフジテレビ系ドラマ『ルパンの娘』(毎週木曜22:00~)が10月15日にスタートするのを前に、昨年7月期に放送された前作全11話が再放送されることが決定した。30日から『メディアミックスα』枠(毎週月~金曜14:45~ ※関東ローカル)で放送される。

前作には、代々「泥棒一家」“Lの一族”(Lは大泥棒・ルパンの頭文字)の娘・三雲華(深田)と、代々「警察一家」の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)との運命的な出会いをはじめ、“Lの一族”の過去に秘められた歴史など、さまざまなエピソードが盛り込まれている。さらに、田中みな実をはじめ、柄本時生、遠野なぎこ、山崎静代(南海キャンディーズ)ら、多彩なゲストが出演し作品に花を添えている。

稲葉直人プロデューサーは「昨夏、スタッフ・キャストがたくさんの愛情と情熱を注ぎ込んでつくった『ルパンの娘』を、また皆さまに見ていただけること、大変うれしく思います。すでにご覧になった方には新たな発見を、これからご覧になる方には日々の生活の癒やしをお届けできたら幸いです」と話している。

(C)フジテレビ