築120年の古民家を改装したフレンチレストランLULL(ラル)。Surf&Turfで福井の恵みをいただきます

©Dearふくい

福井県坂井市三国町。
ここは、東尋坊や越前松島水族館など、全国から観光客が集まるスポットが点在する人気観光地です。
また、北前船によって発展を遂げた三国湊は、かつての面影を残す建物が多くあり、その雰囲気も人気の理由となっています。
そんな三国湊がある三国町エリアに、LULL(ラル)というレストランがあります。
福井にゆかりのある実力派料理人が、魅力的で新しい価値を福井に創り出そうと、想いを込めて始めたLULL。
一体どのようなお店なのでしょうか。

福井にゆかりのある実力派料理人が手がけるフレンチレストランとは

LULLを経営するのは、福井出身の料理人、小川智寛氏。
福井県で料理人の父のもとに生まれ、自身も料理人を目指すため、国内外の有名レストランで修行を重ねてきた方です。

フランスでは数々の星付きレストラン、有名レストランで修行をし、帰国後は都内のフレンチレストランで料理長を務めたのち、東京・麻布十番のAile Blanche(エルブランシュ)やアジルジョーヌ・テラスをオープン。
フレンチ界を代表する料理人として腕をふるうのはもちろん、国内外のレストランコンサルティングを行うなど、多方面で活躍されている実業家でもあります。

エルブランシュは、魔法のフォアグラというスペシャリテが人気を博しており、食べログの評価は驚異の4点超え。
全国に70万店以上ある飲食店の、上位約500店舗しか受賞できないTHE TABELOG AWARDも受賞しています。
LULLは、そんな、東京でも屈指のフレンチレストランの流れを汲む味が、福井で3,000円台から楽しめる大変貴重なお店です。

LULLとして生まれ変わった小松長生氏の生家

三国の海岸沿いを歩くと、海に面して佇む古風な、それでいて新しさも感じるガラス張りの建物が目に入ってきます。
ここが、デスティネーションレストラン LULL。

港町の雰囲気を醸し出す階段の手前には、フレンチレストランらしいシックなロゴが。

しかし、階段を上がると、やはり目に入ってくるのは歴史を感じる建物の姿。

窓枠に施された細工にはどこか懐かしさを感じるものの、足を止めて見入ってしまうさりげない美しさもあります。

この先に本当にフレンチレストランがあるのだろうかと疑いたくなってしまいますが、左手に進むと、目に入ってくるのは鮮やかな赤。

歴史ある雰囲気は残しつつ、おしゃれなイメージも併せ持った外観に自然と期待が高まります。

北海道と関西を行き来する北前船の寄港地として栄えた三国。
この建物は、北前船の頭首の自宅として宮大工によって120年以上前に建てられたものであり、完成には5年もの歳月がかかったといいます。

さらにこの建物は、世界的なオーケストラの指揮者、小松長生氏の生家でもあり、古民家再生の実績もある地元の一級建築士 丸山晴之氏bazikの空間デザイナー 滝澤雄樹氏の手によって生まれ変わり、2016年4月にLULLとしてオープンしました。

凪を意味するLULLで穏やかな海を目の前に食事を堪能

アプローチを進むと昔ながらの玄関が現れます。

改装はしてありますが、特徴的な部分はそのまま残し、デザインとして活かしているLULL。
玄関では、木戸の軋み具合にすら歴史と感動を覚えます。

また、玄関に敷き詰められているのは笏谷石(しゃくだにいし)。
笏谷石は凝灰岩の一種で、全国でも福井の足羽山周辺でしか採掘されません。
福井市の一乗谷朝倉氏遺跡養浩館庭園といった歴史ある場所でも見ることができますが、現在は採掘されていないため、大変貴重な石として知られています。

玄関を入ると目に入ってくる、明るいオープンキッチン
左手にあるメインダイニング

LULLは英語で凪を意味し、ジャズの名曲「There’s a Lull in My Life」にちなんでつけられた店名でもあります。

LULLの眼前には日本海が広がっていますが、天候の悪い時はひどく荒れることもあるそうです。
しかし、LULLのすぐ目の前は小さな湾になっているため、日本海がどんなに荒れていても、この穏やかな景色はいつも変わらないんだとか。

メインダイニングはテーブル席やソファー席が並び、柔らかい日差しが入ってくる明るい造りに

おしゃれで洗練された空間に佇んでいると、ここが古民家であることはすっかり忘れてしまいます。

しかし、ふと上を見上げると、太い梁と、精巧な細工が施された欄間が目に入り、古民家らしさをそこかしこに感じることができます。

小松家の歴史を感じる個室

奥には個室が一部屋あり、4人まで食事をすることが可能となっています。

個室からは海がよく見えます

小松長生氏は、よくこの窓から海を眺めながら読書をしていたそうです。

また、よく見てみると、入り口横の柱にはたくさんの印が。
小松家の人々の身長がここに刻まれていて、この家の歴史をさらに感じることができます。

LULLで気軽にランチを楽しむ

佇まいや価格帯から、ディナーは若干敷居が高いと思われがちですが、そんな方はまずはランチを食べに行ってみませんか?

前菜、魚介オードブル、メイン、デザート、コーヒーまたは紅茶のMikuni Courseが¥3,500、スープと、ミクニコースとは違ったメインがつくLULL Courseが¥5,000となっているので、少し贅沢をしたい日のランチに行ってみてはいかがでしょうか。

海と山が近くにある福井の土地柄を活かした新しいスタイルのフレンチ、Surf&Turf(海の幸と山の幸を一つのお皿に表現する)を楽しむことができます。

福井イチ!?オシャレすぎるアフタヌーンティー

実は、個人的に最もおすすめしたいのは、LULLのアフタヌーンティー。
個人的には、福井イチ、いや日本一おしゃれで素敵なアフタヌーンティーでは?と思っています。

木のお重に入ったセイボリーとスイーツはまるで宝石のよう。

ケークサレ、キッシュはおかわり自由、ドリンクは6種類程度あり、こちらもおかわり自由です。

海を眺めながら、午後のひと時を過ごしてみては?(予約が必要なのでご注意を!)

詳細はこちら

LULLのインテリアや食器に関するこだわりや、小川シェフへのインタビューは以下でさらに詳しくご紹介しています。